Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

竣工時施主検査立ち合い@平河町T邸リノベーション

平河町T邸

約3か月半の工事期間を経て、ようやくリノベーション工事が終わった平河町T邸マンションリノベーションプロジェクト、竣工時のお客さま検査に立ち会ってまいりました。

リビングの窓際に設けたウッドブラインド付きシャッター扉は、今回の工事で最も気に入ってくださっているものの一つだと言ってくださいました。

今回はデザインアドバイスという形でのお手伝いでしたが、フローリングや建具のデザイン&色味、クロスの選択や柱型にトラバーチン(大理石)を張るアイデアは、全てお客さまからのご希望で、僕らはそれらのチョイスが全体としておかしくないかをチェックするような作業形態でした。

玄関ホールは既存の扉の横にブロンズ色のミラーを設置しております。こちらからのご提案としては、建具の高さに合わせて上下二つに分割して、ミラーのエッジ部分はカット加工してはとアドバイスしておりましたが、お客さまの最終判断で真っ新な鏡となりました。その個所についてまた、お客さまとお話をさせて頂きました。

当日は検査立ち合いだけでなく、ご購入くださっていたダイニングテーブル上のペンダント照明の高さを決定する必要もあったので、現場監督の織田さんと弊社スタッフの前田君に現地で実物を抱えて貰って、お客さまと高さの感触を確認致しました。

現地には電気屋さんにも来てもらっていたので、高さが決まり次第、すぐに取り付け作業に移って貰いました。

ペンダント照明が吊られた状態のリビングダイニングのインテリアです。広いお宅で、色々なインテリア要素が混じったデザインとなっていますが、色味と質感のマッチングはとても良く仕上がったと思っております。ただ、家具が入らないとどうにも締まらない空間ですね…。

ダイニングからキッチンへの扉は、スチール枠にアンティーク加工のガラスを入れたデザインとなっています。

クモリフィルムとは全く違った、独特な質感がトラバーチンや大きな柄のクロスと合って、とても素敵な雰囲気に仕上がっています。

キッチン扉とは打って変わって重厚なのが、こちらの玄関ホールからリビングへの建具です。オーク材の木目を残しながら黒く染色した特殊な塗装と、框扉のデザインを採用しております。その両脇の袖壁には、白い巾木とモールディング、そしてアクセントのケーシングを廻し、その中央はグレー色に塗装して貰っています。
床の仕上げで壁際には灰色の大理石をボーダー状に巡らしていますが、これは結構効いていました。

キッチンの構成はリフォーム前とほぼ同じですが、白い壁部分には縦柄のクロス、アイランドカウンターの壁部分にはカラーガラスを張り、お客さまがルミナベッラで選んでくださった3つのAplomb(アプロム)というペンダント照明がアクセントになっています。

広い主寝室は、片側の壁に壁面いっぱいのクローゼットを作り、

反対側には造作本棚収納を作っています。お客さまが選んでくださったクロスとの相性もバッチリです。

小学生の息子さんが選んでくださったクロスは、中学や高校に進んでも飽きなさそうなヨットの設計図のような柄のクロスでした。色違いで同じ柄のクロスを張り分けて貰っています。

来客用トイレはとてもシックかつスタイリッシュに仕上がりました。腰までの大理石とクロスの見切りの縁材が白いのはおかしいので、グレーに塗装してもらうよう依頼しております。青い付箋が所々についていますが、これは手直しが必要な箇所をマークしているものです。

最後に2枚ビフォーアフターの写真を掲載しておきます。リビングダイニングは仕上げ材が変っただけでなく、玄関ホール回りの収納を削って、その分広くした空間効果が感じられます。

リフォーム前は新築マンション(実際は築浅マンションですが)にありがちな個性乏しい空間でしたが、リフォーム後はちょっとクラシカルでシックで、そして高級感が感じられるような空間に仕上がったと思っております。
Tさまご夫妻、リフォーム工事の無事の完了、おめでとうございます!

ページトップへ戻る