Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

オーダーキッチンショールーム巡りの結果、今回はエクレアに

二番町I邸

リフォームの設計が始まった千代田区二番町のI邸ですが、使いやすいキッチンへのこだわりがあるIさまと一緒に二日間掛けてオーダーキッチンのショールーム巡りをいたしました。

初日は、二つのショールームが徒歩で2分の近くにある、代官山のアムスタイルとクッチーナのショールーム巡りでしたが、油断したのか高熱で出社することができなかったので、担当の神崎さんだけでは経験不足だったので、ベテラン(?)岸本さんに代わりに参加してもらいました。こちらがアムスタイルのショールームです。

こちらが道路挟んでお向かいにあるクッチーナのショールームです。Iさまは、スタイリッシュなアムスタイルよりも、色々なテイストが選べて、実用本位に感じられるクッチーナの方が良さそうだとの感想でした。

別日に伺ったのは、文京区小石川にあるエクレアのショールームです。この日は体調も戻っていたので、各務も参加致しました。

僕らが主戦場としている港区&渋谷区からは少し距離が離れているので、最近はあまりこちらに伺っておりませんでしたが、千代田区にお住いで車で良く動いていらっしゃるIさまからすると、文京区小石川は代官山より利便性が良く、また以前よりエクレアのホームページで細かい使い勝手の工夫を研究していたので、本命だったそうです。

ご一緒させて頂いて、例えばこの写真のシンク上の吊り戸収納の内部をワイヤー製の棚にしておいて、食器の水切りに使うアイデアや、

米櫃(コメビツ)や根菜類などを保管する引き出しの前板をメッシュにして通気性を確保する考えなどは、まさにこういった使い勝手を考えていたと納得ができたそうです。

コーナーの収納や調味料入れなども、採用したいと思っていた実物を体験することができて、とても満足度が高かったとのことでした。

背面収納には、調理家電をあまり露出せずになるべく隠して収納したいとのことで、ショールームの実例だけでなく、パンフレットに乗っていた事例写真も見ながら、どうしたらよいかを具体的にエクレアの僕らの担当者の塩田さんに相談してゆきました。

食洗器については、一般的なミーレよりもより実用的なボッシュや、安価なASKO(アスコ)にご興味を持っていらっしゃり、それらのメリット&デメリットを塩田さんに確認させて貰いました。こちらのディッシュ・ウォッシャーは最近、コストパフォーマンスに優れており、評価が高まっているボッシュ社のものでした。

ここまで見比べた結果で、もう他社からの提案や見積りは不要とのことで、こちらエクレアに絞って、仕上げ材を見ながら、具体的なキッチンプランを検討してもらうことになりました。

こちらが2週間後に得くれたから届いたイメージパースです。通常は平面図と展開図といったプロが見れば良く内容が理解できますが、一般の方では仕上がりイメージが分かりにくい図面での説明が多い中、エクレアでは素人目線のイメージパースを出してくれたことも、Iさまがとても気に入ってくださいました。

 

ページトップへ戻る