建築家が考えるプレミアムリフォーム・リノベーション|建築家・各務謙司のブログ

Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

新規プロジェクト 元麻布ヒルズA邸がスタートします

元麻布ヒルズA邸

新しいプロジェクトがスタートしました。お客さまがご購入なさった、元麻布ヒルズ・フォレストタワーの約150平米(45坪)のお宅を、間取りは大きく変更せずに、内装を一新させるというプロジェクトです。

森ビルが作った高級マンションのリフォーム&リノベーションはこれまで幾度か経験があります。しかし、この元麻布ヒルズは森ビルが手掛けた大規模集合住宅では初期の頃のプロジェクトで、建物の特徴や住民の方々のコミュニティーのあり方も他とは違っているとのことで、お客さまも中古物件を購入時に、不動産仲介会社からリフォーム工事をするならまずは森ビルに確認してからにした方が良いとのアドバイスを貰っていたそうです。そこで、僕らが初めて現地を確認させて頂く機会には、森ビルの住宅運営部リビングソリューショングループの小林さんたちに同席して貰って内覧を致しました。

建築家に別荘の設計を依頼したり、マンションも幾度かご購入した経験があるお客さまなので、リフォームで実現したいことがはっきりしていらして、最初のお打合せから、具体的な内容をお話することができました。リビングダイニングには、お手持ちのB&O(バング・アンド・オルフセン)のテレビ&ステレオセットをスタイリッシュに組み込みたいとのお話もありました。

主寝室は広さの割には収納、特にクローゼット収納が足りないので、この部屋は間仕切りを作って、大きなウォークイン・クローゼットを作ろうとのお話になりました。元麻布ヒルズ内でのリフォーム経験豊富な森ビルチームが同席しての打合せで、エアコンの問題やスプリンクラーなどの防災設備、さらにはキッチンから寝室隣に移設する洗濯乾燥機の音のことまで、説明してくれるので、とても助かりました。

寝室隣の広い洗面脱衣スペースです。右側の洗面カウンターを左側に移設して、そこに洗濯乾燥機コーナーを作ることになりました。

洗面脱衣から見た浴室の開口部です。ステンレス枠+強化ガラスの開口部で、浴室内部を少しお化粧直しをすれば十分きれいな浴室に改装できそうでした。

浴室内はこれまでに使われてきた痕跡が残っておりましたが、内側に新たな仕上げ材を張って、浴槽塗装を施して、水栓金物を付け替えれば良いのではとのお話をしましたが、奥さまの清潔感からすると本当はユニットバスは交換したいとのことでした。浴室とキッチンについては、お化粧補修する金額と全面的に交換する費用の両方を比べたうえでご判断して頂くことになりそうです

玄関周りの様子です。右の収納は、いかにもちょっと築古マンションの玄関収納に見えるので、デザインを変更して作りなおすことになりました。左側の壁にはシューズイン・クローゼットへの扉がありますが、これも目立っているので、壁と一体の扉としてデザインし直すことになりました。

森ビルに相談することの良い点がもう一点ありました。同じ元麻布ヒルズ内の高層階に、全面リノベーションしたショールームを幾つか持っていることです。中層階にあるこちらのお部屋は、リビングソリューショングループの小林さんがデザイン・ディレクションをしたとのことで、お客さまと一緒に案内して貰いました。

ショールームの浴室は、新しいユニットバスに交換していたのですが、お客さまはこちらを拝見して、やはり新しうUBに交換したほうが良さそうだとの感覚を新たになさったようでした。森ビルでは、すでに棟内で何度か同じような工事をしているので、概算見積りであればすぐに用意できるとのことでしたので、まずはご要望を纏めて、幾つかのパターン分けした概算見積りをお願いすることになりました。

ページトップへ戻る