Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

解体状況とキッチンとの取り合い確認@二番町I邸

二番町I邸

工事進行中の二番町I邸の現場に、担当スタッフの神崎さんと一緒に行って参りました。

キッチンの位置を大きく変更するリビングダイニングは、ちょうど半分の面積分が床下地から天井下地まで剥がされて、スケルトン状態になっていました。

施主支給工事として、リフォーム工事とは別途発注での工事となるキッチンは、取り合いに複雑な箇所が幾つかあるので、僕らの解体現調に合わせて、オーダーキッチンのエクレアの担当・塩田さんにも現地に来てもらいました。

窓際にガスコンロを持ってくるという、ちょっと変則的なレイアウトとなるので、インナーサッシを取り付けて、清掃をしやすいようにしたいと考えています。

インナーサッシの奥には、絶対に油煙を行かせたくないので、その取り合いについて、リフォームキューの営業・設計担当の森井さんと現場監督の神成さんとも相談しながら、ディテールを考えてゆきました。

かつてキッチンがあったエリアの床と天井を解体した様子です。隠蔽部の設備についても竣工時の図面通りの施工となっていたので、予定通りにキッチンを移設することができることが判りました。

キッチン背面収納とキッチンの奥行きが違っているので、子ども部屋との間仕切壁を一部欠き込んで、冷蔵庫を置くまで押し込めるようなニッチを考えていたので、その取り合いを現場の壁にスケッチを描いて説明したものです。

浴室はオーダーユニットに交換、洗面カウンターは既存再利用ですが、洗面の背部にある洗濯機収納は作り替えとなっています。きれいに造作収納を撤去することができたので、床下地は設備位置の移設で作り直しですが、壁下地を再利用することができそうでした。

うちの担当スタッフの神崎さんは、カガミ建築計画の入って、ちょうど丸一年ですが、頑張ってディテール図面を描き起こして、百戦錬磨の森井さんや塩田さんと丁々発止の打ち合わせを進めてくれて、頼もしい限りです!

ページトップへ戻る