Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

仕上げ材の打ち合わせ@元麻布ヒルズA邸

元麻布ヒルズA邸

デザインアドバイスコースでの打ち合わせが続いている元麻布ヒルズA邸プロジェクトで、2回連続での仕上げ材のお打合せを致しました。

僕らがこれまでデザインしてきたリノベーション事例のうち、幾つか気に入ったインテリアデザインで使ってきた素材を一通り打ち合わせテーブル上に並べさせていただきました。早い段階で、お客さまが気に入って採用が決まっていたモハベ色(ノルドシリーズ・ADワールド)のフローリングとのマッチングで、似合いそうなカラーガラスやタイル、大理石やクオーツストーン、ビニールクロス等を並べてみました。

お客さまはインテリアにこだわりがあって、これまでも幾度かの家づくりを経験していらっしゃるので、それぞれのサンプルを合わせながら、色味の相性や素材の高級感、全体の仕上がり感などについてお打合せをさせて頂きました。

こちらは暫定的な決定ではありますが、リビングのTVを含んだ飾り棚の素材イメージです。ウォールナット突板のフレームと、鏡面塗装の扉材、テレビの背面にはカラーガラスを使うことを想定しています。

こちらは玄関ホールの靴収納と廊下の素材候補です。これまでは床と壁仕上げをタイルで考えていましたが、アドヴァンや平田タイルなどの輸入タイルを見て頂いてきたのですが、これはというものが見つからなかったので、アドヴァンの天然大理石のオデッサベージュをお見せしたところ、これは良さそうだとのことになって、急遽在庫を確認することとなりました。
このようにして一通りの部屋の仕上げ材は決まったのですが、やはり現地で最終確認したいとのことで、別の日程で現地確認することになりました。

改めて現地にリフォーム工事の見積りをお願いしているM社の方にも集まって貰って、仕上げ材打ち合わせを致しました。

既存扉と枠はダイノックシートを貼ることになっているので、床フローリング材との色味、現地の自然光の入り具合などから、どれにすべきかを悩んで下さっています。

壁と天井のクロスを張り分けることも、現地で確認して頂きました。事例写真や現地でのこういった打ち合わせで、徐々にお客さまとイメージが共有できることがやはり重要なプロセスだと感じております。

既存の窓枠のオーク材が気にっていらっしゃらないとのことで、窓サッシに合わせたダイノックシートをこちらも張ることとなっています。小さなサンプルしかなかったので、とりあえず色がマッチしそうなものを並べてみましたが、これではやはり決めかねるとのことでしたので、大判のシートサンプルで改めて見比べることになりました。

大きな主寝室の一部を区切って、ウォークイン・クローゼットを作ることについては、実際にできるクローゼットのサイズと、寝室の大きさを比べてみたいので、床に印をつけて欲しいとのリクエストがお客さまからありました。マスキングテープがなかったので、上の写真のように、暫定的にテープメジャーで区切りを記してみました。

M社の担当者のKさんが奥さまとキッチンについての最終的な変更内容を確認してくれています。
本日の打ち合わせの内容で、まだ決まっていない色味はありますが、素材等は一通り決まったので、改めて見積りを作って貰ったうえで、また最終的な仕上げ材の確認打ち合わせをすることになりました。

ページトップへ戻る