Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

造作家具の施主検査

元麻布ヒルズA邸

造作家具の据え付けがほぼ終わった元麻布A邸にて、お客さまの造作家具の検査に立ち会いました。

造作家具の施主検査@元麻布A邸リフォーム

当初の予定より、家具工事が押しており、結果的には検査するにはまだ早い段階となってしまいましたが、お客さまと一緒にそれぞれの部屋を回ってチェックさせて頂きました。

造作家具の施主検査@元麻布A邸リフォーム

造作家具の一番の大物のリビングのTV収納と絡めた一連の造作は、カラーガラス張りが一部残っていますが、ほぼ終わっておりました。

大理石張り壁の目地チェック@元麻布A邸リフォーム

造作家具とは関係ありませんが、大理石張りの壁の目地について、お客さまのAさまから、今の目地を入れていない状態がかっこよいので、目地をなるべく凹めて、大理石の立体感を出すように工夫して欲しいとのリクエストがありました。

造作家具の施主検査@元麻布A邸リフォーム

先日の僕らのチェック時にはまだ組みあがっていなかった洗面カウンターも大枠が出来上がってきていました。

造作家具の施主検査@元麻布A邸リフォーム

手洗いカウンター背面の洗濯機を取り込んだ収納も箱が組みあがっていました。

来客用トイレの手洗いカウンター@元麻布A邸リフォーム

来客用トイレの手洗いカウンターは水栓金物の取り付けとタオル掛けなどの金物類の取り付けを待つのみです。ギリギリまでお客さまが迷われた手洗いボウルでしたが、カウンターや金物類との色合いもとてもきれいにマッチしていました。

造作家具の施主検査@元麻布A邸リフォーム

2分割して、部屋の奥にウォークインクローゼットを作った主寝室も、クロス張りと床のカーペット敷きが終わり、ようやく部屋としての様相が見えてきました。

造作家具の施主検査@元麻布A邸リフォーム

こちらは玄関框の取り付け準備をしている石職人さんです。事前にL字型に加工された框部材をこれから取り付けてゆきます。

特注取っ手の設置状況確認

こちらは玄関横のカラーガラス張りの扉の特注で作って貰った金物のディテールです。きれいにエッジが立った鉄の加工で、きれいに仕上がりそうです。

ページトップへ戻る