Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

元麻布ヒルズA邸の竣工写真

元麻布ヒルズA邸

施工側の事情できちんとした検査ができなかった元麻布ヒルズの高層マンションリフォームA邸が、一部を除いて完成したとことで、竣工写真を撮影させて頂きました。

元麻布ヒルズのマンションリノベーション

こちらがリフォーム後のリビングです。元の状態を知らないと、新築マンションのショールームのように見えますね。

ほぼ同じアングルでリフォーム前後を比べた写真を見て頂くと、その違いが良くわかるのではないでしょうか?
・間取りとしては、LD隣の部屋への入り口を廊下側に変えたこと。また、壁面収納をTV収納に作り替えています。
・仕上げ材としては、床フローリングを貼り換え、壁の一面を大理石張りとしています。扉は全て特注のモノに変えています。折り上げ天井も立ち上がり部に金属製ルーバーを取り付けています。
・設備的にはエアコンの吹き出し位置を変えて、照明計画も全面的にやり直しています。

元麻布ヒルズのマンション改築

壁面収納を撤去して、新たに作ったTV&AV収納は、こちらのリビングダイニングのデザイン的に最も重要な要素です。キッチンへの入り口も含めて三方枠で取り囲んで、塗装鏡面仕上げの扉とカラーガラス2種、そこに間接照明を組み込んで、お客さまがお手持ちだったB&Oのテレビステレオ&スピーカーシステムを配線が露にならないように組み込んでいます。


元麻布ヒルズのマンションリフォーム


正面から見るとこのようになっています。テレビの奥の壁に張ったカラーガラスは、フロスト加工(マットで光らない加工)されたマテラックを継ぎ目なく一枚もので張って貰っています。

元麻布ヒルズのマンションリフォーム

こちらはリビングの奥のダイニングコーナーです。

ちょっと角が斜めに切られた変形のダイニングコーナーですが、それぞれの面が違う素材で張られることで、空間の形がはっきりするとともに、素材のグレード感で、どこが正面に当たるのかが直感的に判るようになったのではと思っております。

元麻布ヒルズのマンションリノベーション

廊下からリビングへと入る扉周りのディテールです。
床は厚突きで無垢の素材感のあるフローリング、壁は大理石張りと繊維調のクロス張り、天井は塗装で、建具は人工レザー張りに焼付塗装の取っ手付きで袖壁は透明ガラスです。
素材の有機&無機、艶感のコントロール、色味の組み合わせで、とてもきれいに纏まったと思っています。

廊下と扉のスタイリッシュリノベーション

廊下側からみると、このようになっています。扉位置を付け替えたリビング隣の部屋への入り口は、廊下側となっています。木を塗装仕上げで作った建具ですが、色味を大理石と合わせて、取っ手の高さも石目地と合わせることで、壁に同化させることに近づけたようです。

廊下のスタイリッシュリフォーム

廊下反対側からみると、先ほどの扉は壁に消えて見えます。
この廊下の壁は、共用廊下から玄関扉を開けて最初に見えるので、きれいに見せたいとの当初からのお客さまのご要望でしたが、床壁ともに大理石を張って、グレアレスのダウンライトで照らすデザインはとても気に入って頂けたようです。

リフォーム・ビフォー&アフターの写真で見比べると、インテリアの違いが如実に分かりのではないでしょうか。

玄関ホールもこのようなビフォーアフターとなっています。玄関入って右側の壁は、シューズ・イン・クローゼットの扉も含めて壁一面をカラーガラス張りとしています。色々とデザイン要素が豊富だった玄関ホールも、見せる部分と隠す部分を意識してデザインすることで、スッキリとした空間に変わりました。

洗面所のリノベーション

リフォーム後の洗面所です。洗面カウンター側はシックな色味での素材で纏め、メディスンキャビネットの鏡に映っている背面側の洗濯乾燥機を組み込んだ収納は白で壁に溶け込むようなデザインとして、メリハリをつけています。

主寝室のリフォーム

こちらは主寝室です。ベッドが入らないとサイズ感や雰囲気が判らないと思いますが、以前は無用に大きかった寝室ですが、ちょうど良いサイズになったとともに、写真右手の扉奥に大きなウォークインクローゼットを作ることができたので、奥さまもとても喜んでくださっていました。

石張り壁のディテール

こちらはリビングの大理石張り壁のディテールです。400角の定尺物の大理石ですが、カットすることでランダム張りに見せるとともに、磨き具合を鏡面状態の本磨きと、マットな水磨きを混ぜています。また、ご主人さまのご要望で、わざと目地を深目地にして、立体感を演出しています。

折り上げ天井のデザイン

最後の写真は、リビングの折り上げ天井の詳細です。立ち上がり壁の一部に金属製ルーバーを張り込み、直角面にはそれが映り込むように鏡を張りました。また、間接照明を仕込んだアゴの部分の立ち上がりには鏡面のステンレスを張っています。立体感が乏しい写真で分かりにくいですが、こちらのイメージも当初からご主人さまが希望なさっていたものを施工側と頑張って実現したもので、やはりとても喜んで頂けました。

ホームページにも元麻布ヒルズA邸のページを作りましたので、どうぞこちらもご覧ください。


ページトップへ戻る