Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

外苑前C邸_見積と仕上材の最終承認

外苑前C邸

ここまで時間を掛けながら進んできた外苑前C邸ですが、ようやく最終的な見積り金額のご承認を得ることができ、工事着工に向けて大きな一歩を進めることができました。

マンションリフォーム_見積りの最終承認

当初のご相談時より、お客さまの追加のご要望もあって1,000万円ほど見積り額がアップしてしまいましたが、リフォーム工事のリフォームキュー・岩波部長、オーダー浴室の東京バススタイルの和久田さんにも同席して貰ってのご説明で、Cさまの最終承認を得ることができて、無事工事契約への捺印となりました。

マンションリフォーム_見積りの最終承認

工事契約が無事締結されたので、そのまま仕上げ材や購入予定の家具のイメージ確認の打ち合わせを続けさせていただきました。

外苑前C邸の素材イメージ

こちらが見積りも含めて、当日に決まった素材の取り合わせとなります。ただ、もう一度工事着工前の現場で最終的な確認をなさりたいとのご要望があったので、再度現地に並べてみることになりました。

東京バススタイルでの浴槽決定

打合せの後に、浴室内部の仕上げ材の最終確認もなさりたいとのことでしたので、弊社事務所から徒歩で7~8分の東京バススタイルに一緒に訪問致しました。

東京バススタイルでの浴槽決定

浴槽のエプロン部分の形状や、シャンプーラックなどの細かい仕様についても決定することができました。

現地での素材最終イメージ承認

こちらは、先ほどの工事契約時から3日後の現場打ち合わせの様子です。素材や細かい部品を一通り全て解体前の現場に運んで並べました。

素材の最終確認

今回のプロジェクト担当スタッフは副所長の竹田さんと神崎さんですが、神崎さんの経験の為にも、彼女からCさまに説明して貰いました。

洗面所水回りの素材決定

浴室が決まるまでペンディングになっていた隣接する洗面所も、浴室が決まったので、流れで素材の色味を決定することができました。

窓のハンターダグラスの見本確認

リビングダイニングの窓は、窓枠内に収まるハンターダグラス社のシルエットシャードで検討してきましたが、これらも透け具合やスリット幅にバリエーションがあるので、それらの実際の窓際に張って透け具合を確認しながら選んで頂きました。

壁紙の最終決定

費用はあまり掛けない予定の個室でも、貼り換えのビニールクロスの色味を一緒に選ばせて頂きました。

ダイニングのペンダント照明模型

最後の一仕事がこちらでした。インテリアとして大きな要素である、ダイニングテーブル上のペンダント照明です。

ダイニングのペンダント照明模型

図面やカタログの写真では幾度か候補をご説明してきたのですが、いまいちピンとこないとのことでしたので、原寸大の模型を作って、現場で見て頂きました。 ちょっと離れて見ると、サイズや質感まで感じられるようで、これなら納得できるので、すぐに発注してくださいとCさまに仰っていただけました。

リフォーム工事着工前の記念撮影

これでほぼ全てを決めた上で、現場の工事に入ることができます。Cさまは、僕らとのお打合せとは別にも、ショールーム回りなどもしながらここまで頑張ってくださいましたが、これでようやく一休みできるとホッとしていらっしゃいました。
今回はデザインアドバイスでのご手伝いなので、工事が始まってからはリフォームキュー主体での打ち合わせや現場説明となってゆきますが、僕らも同席しながらアドバイスはさせて頂きますので、どうぞ今後とも宜しくお願い致します。