Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

キッチン収納調査@品川N邸

品川N邸

リフォームデザイン進行中の品川の高層マンションリフォームN邸ですが、奥さまコダワリのキッチン計画の精度を上げる為に、担当スタッフの岸本さんとキッチン収納調査に伺って参りました。

元からとても広いキッチンで、お子さま3人を加えた家族5人分の食材、食器、お鍋類、調理機器類があるキッチンですので、ただ、今の収納物量を調査するのではなく、それらをリフォーム後にも使うのか、処分するのかをヒアリングしながら、すべての扉と引き出しをあけて、中をチェックさせて頂きました。

リノベーションの為のキッチン持ち物調査

これからも使ってゆきたいもの、これまで愛用してきたけどリフォームをキッカケに処分を考えているもの、今まではこのように使ってきたけど、他の家庭ではどのようにしているのか、新しい調理家電の使い勝手はどうなのか等、一つ一つの収納を見ながらお話をしてゆきました。そのメモを取りながら、収納量の寸法も確認してゆく作業です。
キッチンだけで1時間ほどの時間が掛かりました!

リノベーションの為の持ち物調査

その後は、流れで廊下の収納やクローゼット、洗面などもザっと確認させて頂きました。

グレー色の塗装サンプル

また、この日はダイニングの壁をアクセントして色を変える提案をしていたので、その候補となるグレー色の塗装見本を見て頂きました。

グレー色の塗装サンプル

暗いグレーは好みではないことは伺っていたので、明るめのグレーからベージュ、グレージュなどの色身を見て頂きました。

リノベーションの為の床下設備調査

更に、もう一日別日での設備調査もお願いして、その際には設計施工をお願いすることになったスタイル・イズ・スティル・リビングの齋藤社長にも同席して貰いました。
シンク下の引き出しを取り外して、床下の配管ルートがどうなっているかを確認中の様子です。

リノベーションの為の床下設備調査

点検口を覗き込むと、このように給湯管が床下のパーティクルボードの裂け目から配管されていることが判りました。水回り部分の床下の寸法も同時に確認することができました。

リノベーションの為の天井裏設備調査

廊下天井の点検口からは天井裏の給水管状況を、

リノベーションの為のPS内配管調査

トイレ横のPS点検口からは通気管の位置を確認することができました。

2日間の調査の結果を踏まえて、ここからキッチンレイアウトプランの精度を上げつつ、リフォーム案も改善してゆきたいと考えております。

ページトップへ戻る