Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ミノッティでのソファ選び@麹町K邸

麹町K邸

先日、モルテーニにて壁面収納システムとダイニングセットのご購入が決まった麹町K邸のお客さまと、ソファ探しを続けています。
モルテーニのソファもご提案致しましたが、ピンとくるものがなかったので、近くにあるやはりイタリアのハイブランド家具である、ミノッティ―ショールームに伺いました。

ミノッティ_ソファ選び

ミノッティでは、青山エリアの3つのショールームを合わせると、10個ほどのソファセットを体験することができます。スタッフの竹田さんとKさまご夫妻が座り試しをしているのはLawrence(ローレンス)です。

ミノッティ_ソファ選び

こちらは2018年のGranville(グランヴィル)です。手前にある大きなボックス型ソファの背もたれを動かせるところが特徴のソファです。

ミノッティ_ソファ選び

こちらは名前を忘れてしまいましたが、ベース部分をレザーで、シート部分をファブリックで張り分けられるソファでした。
Kさまご夫妻は、どのソファも座る度に気に入って下ったのですが、レイアウトの不自由さやクッションの固さ、床下の寸法などのちょっとしたことが気に掛かるとのことで、今回は気に入ったソファを決めるところまでは進めませんでした。
全体に柔らかいクッションがお好きだとのことで、すぐ近くにあるフレックスフォルムのショールームにも急遽伺って参りました。

フレックスフォルム_ソファ選び

僕らが知っている限りで、一番柔らかいソファーが、このフレックスフォルム社のGroundpiece(グランドピース)だからです。写真の展示品は、ソファ座面の柔らかさを3つの段階に分けており、僕、各務が座っている一番右のソファクッションが羽毛を普段に使った柔らかいものとなっています。
柔らかいものに座ってみると、リラックスするには良いですが、姿勢を保持するのも難しく、起き上がるのも大変なことも分かって頂き、柔らかさだけが座り心地の指標ではないことも分かって頂けました。

フレックスフォルム_ラウンジチェア選び

フレックスフォルムでは、ラウンジチェアも見たいとのことだったので、幾つかのリフォーム事例でも採用して貰っているこちらのチェア、Guscioalto Lightも見て頂きました。
当日は、まずはここまでで時間が来てしまったので、改めて、ミノッティの他のショールームにあるソファを見に来るお約束をして、一旦ソファ探しを終えました。

ミノッティソファ選び

日を改めて、ミノッティのトライアングル店に伺わせて頂きました。入って最初にあったのが、僕らも一番良く採用させて貰っているWhite(ホワイト)でした。

ミノッティソファ選び

ベースをレザーで仕上げ、座面と背面とクッションをファブリックで張り分けることができることと、ベースと一体になったサイドテーブル、ユニークなレイアウトが特徴のソファセットですが、Kさまご夫妻は一目で気に入ってくださいました。

ミノッティソファ選び

そのまま具体的にレザーとファブリックの記事選び…、

ミノッティソファ選び

リフォーム後の間取り図を見ながらのレイアウト決定まで一気に済ませることができました。こちらもその後、お見積りと図面をご提示させて頂き、ご採用が正式に決まりました!