Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

高級マンションのリフォーム提案資料

仙石山T邸

先日、現地調査をさせて頂いた仙石山T邸のお客さま向けのリフォーム提案資料を作りました。

130平米とそれなりに広い面積なのに、玄関ホールや廊下にスペースが取られて、リビングダイニングが広く感じられないのが現状の間取りなので、クローズドのキッチンをオープンにして、対面カウンターのキッチンを設ける案をまず最初に作りました。

ただ、それだけだと、やはり廊下の長さが気になるので、廊下部分に飾り棚を作るマイナーチェンジの案も作ってみました。

こちらの案は、キッチン位置を大きく動かして、エントランスの雰囲気から人の導線をガラリと変える案です。玄関周りの収納が乏しくなってしまうので、来客用トイレへは収納を抜けてアプローチする案としています。

これまで都合、10件ほどの高級マンションプロジェクトをご一緒したことがあるお客さまなので、すぐにオープンキッチンで飾り棚がある案が良いだろうとのご判断をして下さいました。ここからは、なるべく早くに概算見積りをお願いして、リフォームに掛ける予算をどこに設定するかを決めることになります。

こちらは、先のキッチンプランをお客さまにお見せする前に、原状復帰も含めて、全体で手を入れる部分とその概要を図示したものです。これを、施工会社のリフォームキューに見て貰い、キッチン以外でどのくらいの費用が掛かるかの概算見積りをお願いしています。

こちらのお客さまと僕ら、そしてリフォームキューの3者が一緒に組むのももう7件目くらいなので、平面だけである程度の精度の見積りを出して貰うことができますが、やはりこちらがデザイン的に拘りたい部分や、素材を見せたい部分は、展開図上のデザインを見て貰った方が良いので、このような手書きの簡易スケッチ展開図を出して、概算見積りの精度を上げて貰います。
概算見積りが出れば、すぐにお客さまもご判断をして下さるので、こちらのプロジェクトもここから急展開で進んでゆくことになります!