アクセントカラー壁の色付け

アクセントカラー壁の色付け

高輪I邸のリビングダイニング空間は、窓際に沿って細長く展開しており、一番奥に当たる書斎コーナーのイメージ作りに苦労してきました。色々とお施主様とも検討した結果、最終的に奥の塗装壁に色を付けることにして、アクセントカラー壁とすることになりました。

アクセント壁

小豆色を少し薄くしたような、上品な色を選んでいます。因みに、左手窓際にスリットが入っているのは、後程造り付けの書斎テーブルをはめ込むためです。

塗装壁の色決め

こちらは、色の最終決定前に塗装屋さんに作って貰った、色見本です。この見本を壁に並べ、実際にお施主様に確認して頂いて、上記の色に決まった次第です。

こちらはリビングから一段上がった寝室からの風景です。正面の開口がWIC(ウォークイン・クローゼット)への入り口で、右側の壁にはベッドを設置する個所にヘッドボードが付けられています。

違う角度で寝室からリビングを見ると、木製フレームが見えてきます。基本の白い空間の中に、窓側の木製フレームと、寝室側の障子、そして奥の壁にアクセントカラーと、お互いが変に干渉しないように、注意深く上品な色を選ばせて頂きました。

同じ塗装つながりで、床に置いてあった天井吹き出し口のグリルです。天井の白色に合せて、こちらも塗装して貰っています。

玄関タタキ部分のタイルも張り上がってきました。広い玄関ですが、向かって右側に造作の靴箱が、左側に靴の脱ぎ履き用のベンチが付くので、もう少し立体的な空間になる予定です。まだ、張ったばかりの状態なので、板を置いた上しか歩けないようになっています。

何度もしつこいようですが、窓際の木製フレームが完成した様子です。日が差した時に、とても柔らかく良い雰囲気になるので、現場に行く度に撮影してしまいます。

タグ

2011年09月26日 アクセントカラー壁の色付け はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 高輪I邸


»
«