キッチン取付け&枠詳細

キッチン取付け&枠詳細

普段はオーダーキッチンを使うことも多いのですが、メーカー品のユニットキッチンの良さも理解しているツモリなので、今回は全体の予算計画とお施主様の調理の考え方、隠れたキッチンであることを勘案してクリナップのキッチンを採用致しました。

クリナップキッチン

二日間掛けて二の字型のキッチンを取り付けて貰った、完成後養生された状態の写真です。全てをメーカーの推奨仕様にしてしまうと、「いかにも既製品です」といった風情になってしまうので、壁の巾をほぼキッチンサイズとピッタリ合わせ、寸法調整のフィラーをなくして貰ったり、キッチンパネルのジョイント部分の金物が安っぽいので、それを省略して、シールと塗装でカバーして貰う工夫を致しました。
細かい注文に対応してくださった、クリナップの北條主任、どうもありがとうございました。

こちらは玄関横の来客用トイレの床です。床スラブを貫通している排水管の位置(グリーンが見える個所です)をずらさず、その代わり床をフラットで納めることにしたので、向かって右側の壁の下部をフカして、便器と紙巻器の位置関係を調整しています。正面の壁のフケは、左側にくる洗面からの排水を、便器排水を合流させるための工夫を凝らしています。

こちらは、廊下(左側)と寝室(右側)の間仕切り壁の詳細です。廊下は床がコルクリノリウムで壁が塗装、寝室は床がカーペットで壁が壁紙(ノイエローブ)と違っているので、それらの取り合いを考えて、床には見切り材としてフローリング材を挟み、寝室側の幅木はフェルト+カーペットの仕上厚さ分だけ浮かして貰っています。

ウォークイン・クローゼットへの明り取りの欄間(ランマ)窓です。アクセントカラー壁とフラットに仕上げた枠の間の隙間に、タペストリー加工のガラスを差し込む仕上げになっています。

リビングと寝室とウォークインクローゼットの三つの部屋の交差部分の天井です。障子が左側の壁へと引き込まれ、直行するレールにWICの扉が吊り込まれます。天井に開いた細長い箱には、ロールブラインドが収まり、ピッタリとフタで隠される予定です。工務店の片岡さんに頭を絞って貰った、一番難しかった納まりです。
細かい枠納まりはほぼ完了し、いよいよ来週からはクライマックスの家具と建具の取付けへと移ります。

タグ

2011年09月30日 キッチン取付け&枠詳細 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 高輪I邸


»
«