設計&施主検査@赤坂M邸

設計&施主検査@赤坂M邸

長いようで短かった、築浅マンションリフォームプロジェクトの赤坂M邸も、設計と施主検査を同日に行いました。

130128akasakaM_seshukensa-2

まず少し早目の時間に僕ら設計が伺って、事前に施工のライフデザイン社と一緒にチェックをしました。その後のタイミングで施主様のMさまに来ていただき、チェックポイントを見て頂きながら、他に問題がなさそうかを見て貰いました。写真左から、ライフデザイン営業の山碕さん、お施主様のMさま、ライフデザイン現場監督の斉藤さんに各務です。

130128akasakaM_seshukensa-3

こちらはチェック前に撮影させてもらった、赤坂M邸のリビングルームです。正面の壁がライムストーン張りになり、向かって左側の玄関ホールからの扉がガラスに代わり、後は細かく照明などを調整しただけですが、以前の写真と比べると高級感がグッと増しました。

130128akasakaM_seshukensa-5

ガラス扉の取手も、南部鉄製の重量感と質感が感じられるものを使ってみました。ライムストーン張りの壁側で支えているガラス扉用ヒンジの取り付け方法はライフデザイン社に工夫して貰っています。

130128akasakaM_seshukensa-1

こちらが一番大きく変わった箇所、玄関ホールです。下のリフォーム前の様子と比較して頂ければ違いが判るのではないでしょうか。

130128akasakaM_seshukensa-9

収納の扉を交換(ただし扉のみの交換で、収納内部はほとんど変えていません)し、床のフローリングを石張りに変えて、右手リビングへの扉をガラスに交換するという、コストパーフォーマンスを重視したデザインリフォームです。

130128akasakaM_seshukensa-6

こちらの洗面所は、洗面カウンター自体は変えていませんが、元はカウンター横に露出で見えていたトイレを別室にして扉を付け、かつては玄関横にあった洗濯機をトイレの横に移設して、フリッパー扉を付けました。築浅マンションの良いところを残して、変更する個所も、なるべくいじる箇所を少なくして、CPを重視したデザインとしています。

130128akasakaM_seshukensa-7

浴室も見た目はほとんど変わっていませんが、かつては外人用賃貸マンションで付いていなかった、追い炊きを追加して、普通の天井付浴室換気乾燥機をミストサウナ付きの乾燥機に変えています。
とにかく無駄のないデザインリフォームを目指して、お施主様とライフデザイン社と僕らで、何度も細かく打合せと見積りを行ったのが功を奏して、僕らから見ても、効率が良いリフォームが完成致しました。お施主様からも「大満足だ」とのお褒めの言葉を頂きました!

 

 

 

 

タグ

2013年01月25日 設計&施主検査@赤坂M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 赤坂M邸


»
«