バング&オルフセン ショールーム訪問@六本木

バング&オルフセン ショールーム訪問@六本木

代官山T邸のお施主様は元々バング&オルフセンのステレをシステムを愛用していらっしゃいましたが、新しく組み込む音響もB&Oで考えたいとのことで、新しい製品も見てきて欲しいとのご依頼がありましたので、久しぶりに六本木のショールームを訪問して参りました。

130430B&O-1

ちょうどショールームには、昨年のLWLのイベントでお世話になった小泉さんがいたので、丁寧に新商品の特徴や、スピーカーシステムの違いなどを案内して貰うことができました。

130430B&O-2

ショールーム内に小さなモデルユニットがあり、映像よりも音響を中心としたリビングでのライフスタイルの提案も経験させて貰いました。

130430B&O-3

輸入元のNEXT社は、B&Oの展開だけでなく、オリジナルに時空というブランドを立ち上げて、空間と音響と時間をテーマに新しい製品を開発しているとのことで、隣室の時空のショールームを代表の加藤さんに案内して貰いました。写真中央に映っている鏡面の裏側にテレビを仕込んだ製品は、人がどこまで近寄ったかをセンサーで感知して、案内やイメージを映し出すInteluxというシステムでした。

130430B&O-5

こちらはそのシステムを応用したテーブルで、ガラスにタッチパネルシステムを組み込んで、写真やインターネットを見れるようにした製品でした。大きなアイパッドのようなものですが、画像の美しさとその動作性の楽しさは近未来を体感しているかのようでした。

130430B&O-6

このシステムの優れたところは、普通のガラスに特別な加工をしないで、背面にテレビ画面を組み込めば作れるところだそうで、時空のショールームのガラスにも同じシステムを作り込んでデジタルサイネージとして活用していました。遠くからはミラーに見えるガラスに触ると画像が飛び出し仕掛けになっています。僕らは店舗設計はほとんど手掛けていませんが、ショップやレストランでは大きな可能性のあるシステムだと感じました。

130430B&O-7

こちらは壁に組み込んだスピーカーシステムのArtcousticという製品です。柱型の左右に貝の断面模様をプリントしたネットの背面がスピーカーになっており、表面を自由な画像イメージを取り込むことが可能で、かつ薄く、音響的にも非常に優れたスピーカーです。B&Oがデザインを際立たせるスタンスなのに対して、こちらは壁に埋め込んだり、好きなアートイメージを転写して、インテリアに溶け込ませるところがユニークなシステムでした。

130430B&O-4

音響の未来を見据えたようなモノだけでなく、写真のような日本の伝統工芸を技術と組合せた美しいイヤホンGEMも作っています。漆や皮を丁寧に張り込んで、使い捨てではなく長く愛着を持って楽しめるように昇華された美しいイヤホンでした。色々なバリエーションを虫眼鏡を使いながら拝見させて貰いましたが、工芸品を超えてまるで宝石を見ているかのようでした。
時間を掛けて、会社のコンセプトから未来へと繋がるモノ作りを紹介してくれた加藤さん、小泉さん、どうもありがとうごいました。空間と音響と映像と時間が4次元的に繋がってゆくような、まばゆいイメージに正直圧倒されてしまいました。

130430B&O-8

因みに、こちらは先日Tさまの湾岸のご自宅に、施工をお願いしているリフォームキューの岩波さんや電気屋さんたちと伺って、B&Oのステレオシステムを取り外した際の様子です。代官山T邸では、これらをテレビと繋げて、新しい音響システムを組み上げる予定です。

 

タグ

2013年04月30日 バング&オルフセン ショールーム訪問@六本木 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 代官山T邸


»
«