取材ラッシュ?@六本木M邸

取材ラッシュ?@六本木M邸

先月お引渡しをしたばかりの六本木M邸ですが、取材・撮影のお申し込みが殺到(?)しております。

130724shuzai_rush@sengokuyama-2

取材撮影の第一弾は、こちらのお宅のプロデュースと施工をしたライフデザイン社のホームページの為のものでした。自社スタッフではなく、外部のカメラマン&ライターにお願いして、お客さま視線に立ったインタビューをして貰いました。

130724shuzai_rush@sengokuyama-3

休日の取材だったので、僕も2歳半の娘を連れての参加でしたが、取材最中はMさまのご子息のK君が、子供部屋の二段ベッドで娘と遊んでくれました!

130724shuzai_rush@sengokuyama-4

こちらの六本木M邸の設計・デザインを担当してくれた、元スタッフの渡辺さんん、ライフデザイン側の営業担当者だった山崎さんも交えての記念撮影です。

130724shuzai_rush@sengokuyama-7

第二段の取材・撮影はウェブサイト・AllAbout高級マンションのガイドの坂根康裕さんでした。こちらは超高速の取材・撮影で、30~40分ほどでご自分で撮影して、要点をMさまからヒアリングするという早業でした。

130724shuzai_rush@sengokuyama-5

普通のカメラマンは、広角レンズを使って、なるべく室内を広く撮影しようとするのですが、坂根さんは反対に望遠レンズを多用して、生活のシーンや建物のディテールを切り取るスタイルなので、どのような写真と記事になるのか、とても楽しみです。

130724shuzai_rush@sengokuyama-10

最後の取材撮影はリクルート社の雑誌「都心に住む」でした。こちらはお馴染みのライターの森聖加さんの主導で、新築マンションをリフォームする考え方について、Mさまにヒアリングさせて頂きました。新築リフォームの心構え(?)のポイントは都心に住むに掲載されることになるかと思いますが、幾つかMさまが挙げてくださった要点を記しておきます。

  • 新築は設備・構造・共用部すべてが最新で、中古に比べて心配となる要素が少ないこと
  • 多様な間取タイプの中から自分にあった間取を選ぶこともできること
  • リフォームを行う前提で検討を行えば既成の間取・仕様の中からも選択肢が広がること
  • リフォームをした部分と手を付けていない部分の劣化度に差がなく、全体が馴染んだ空間にしやすいこと

等だそうです。

130724shuzai_rush@sengokuyama-6

この日はライフデザイン社のCS部の山口さんも参加してくださり、賑やかでとても和やかな取材になりました。因みに、最初の取材時と最後の取材時で、色々とM邸のインテリアが変わっていることにはお気づきでしょうか?

130724shuzai_rush@sengokuyama-8

こちらが最初の取材のインテリアです。

130724shuzai_rush@sengokuyama-9

こちらがつい先日の取材時のインテリアです。変わった点としては、

  • ソファー背面の写真のレイアウト(当初はア・シンメトリーでしたが、左右対称に)
  • 窓際の家具(以前は四角いファイルキャビネットでしたが、最新はベンチに)
  • 窓のダミーカーテンの色(最初は紫でしたが、新しくは薄いグリーンに)と麻のフラットシェード

その他にも細かい調度品のレイアウトやアートも変わっていますが、伺わせて頂くたびに色々と工夫して、インテリアを楽しんでいらっしゃること、設計者として本当に嬉しく思っております。Mさまと奥様、幾度もの取材・撮影に快く対応してくださり、どうもありがとうございます!

 

 

 

 

 

タグ

2013年07月24日 取材ラッシュ?@六本木M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 六本木M邸


»
«