Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

家具と小物を入れてステージングした千代田区Y邸

千代田区一番町Y邸

LDKと玄関、水回りの大規模リフォーム工事が終わった千代田区一番町のY邸に、お施主さまからのご依頼で家具や小物、カーテン類までコーディネートしたステージングのお手伝いをいたしました。

DSC_6026_pt

お施主さまのYさまからリフォームのご依頼があった際には、賃貸に出すか販売するかを迷われていた段階でしたが、インテリアの出来を見たうえで、賃貸よりも販売の方が適しているだろうとのことで、興味を持ってくれる富裕層のイメージしてステージングをして欲しいとのご依頼でした。

DSC_6034_pt

「ステージング」とはあまり聞き馴れない言葉ですが、中古住宅販売では数歩先を進んでいるアメリカでは一般的なサービスです。家具や小物類、ラグやカーテン、照明器具などのインテリアをコーディネートして、新築マンションのモデルルームのように見せることで付加価値を付けるサービスです。家具コーディネートいう意味では「スタイリング」とほぼ同義語ですが、ターゲットをより強くイメージして販売するという点が大きな違いでしょうか…。

DSC_6025_pt

通常は家具のレンタルやリースを使ってステージングをするのが一般的ですが、このクラス、規模の空間にマッチするレンタル家具はまだほとんど日本には揃っていないので、予算を事前に提示したうえで僕らの方で購入することとなりました。ソファーとコーヒーテーブルはアルフレックスのSONA、ダイニングテーブルはマクサルトのALCEO、ダイニングチェアはレ・スタンツェのDチェア、ラグはインテリアズが扱っていた特殊加工したアンティークラグを選ばせて頂きました。

DSC_6028_pt

この日は、カーテンやブラインド、ペンダント照明まで一通り揃ったので、お施主さまのYさまとお友達のMさま、不動産販売のNさんに、高級マンションの目利きである坂根康裕さんにも加わって頂き、レビュー(講評)をお願いいたしました。
ハイ・エンドの高級家具だけでなく、アンティークラグや国産のダイニングチェアを混ぜたこと、またアイキャッチになっているペンダント照明(FLOSのCANCAN)がスターウォーズのダースベイダー(笑)のようで印象に残ることを褒めて頂きました。

R5540767_pt

こちらは後日のお話ですが、坂根さんが元編集長をつとめられていたリクルート社の雑誌「都心に住む」が取材撮影に来てくた際の様子です。「名作マンションのもてなしリビング(仮)」というタイトルで、ヴィンテージマンションのリビングダイニングを撮影したいとのことでした。

R5540761_pt

お客さまを呼んでのアフタヌーンティーをイメージしたティーセットや小物も持ってきてくれての撮影でした。

DSC_7116_pt

花器や生花、お菓子やティーセットまで揃ってくると、本当にそのまま暮らせるようなセッティングになってきました。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る