Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

設計検査&竣工お引渡し

高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

長らく工事が続いていた高級サービス付き高齢者向けアパートメント(通称:サ高住)のリフォームプロジェクトS邸の設計検査を行いました。

DSC_5217_pt

施工をお願いした高島屋スペースクリエイツ、下請けの建築工事の、同じく下請けの造作家具工事の現代製作所に立ち会ってもらっての検査です。

Exif_JPEG_PICTURE

設計側からは、担当の前田君に加え、スタッフの竹田さんや岸本さんにも手伝ってもらいました。造作キッチンの調味料収納の棚引出がブレがちだったので動作を確認してもらっている様子です。

Exif_JPEG_PICTURE

開くと造作収納とフラットに収まる難しい建具の動作確認も怠りません。以前高島屋SCさんの施工側の検査に立ち会った際に、特に動作部分の慎重なチェックの様子に感銘を受けてから、同じように可動部分は一通り動かしてチェックするようにしています。

Exif_JPEG_PICTURE

全てをチェックした後で、施工側に立ち会ってもらって、チェック項目を確認してゆきます。お引渡しまで、あまり時間がないので、どのくらいのスケジュールで是正工事ができるかを調整してもらいます。

DSC_5213_pt

こちらはオマケです。こちらの建物は工事時の塗装や接着剤などの臭気に対してとても厳しいルールがありましたので、浴槽塗装時に現場に入れて貰った脱臭装置です。こちらの装置は、印刷工場・病院等産業用脱臭装置だそうで、千葉の会社が持っていたものを、現場監督の山崎さんがわざわざ千葉まで出かけて、デモンストレーション行って貰い、その性能を確認したうえで、特別にリースしてもらったものだそうです。
なお、工事する際には、職人さんには装置と一緒に浴室内に閉じこもってもらい、外から厳重な目張りをしたうえで作業してもらいいました。

Exif_JPEG_PICTURE

その様な大変な作業を重ねて完成したのが、こちらの浴室リフォームです。真っ新に生まれ変わった浴槽が輝いて見えました。

Exif_JPEG_PICTURE

検査を終えたところで、ここまでの総括をしている様子です。現場関係者ほぼ全員が集まる最後の機会だったので、設計側からの感謝の意を伝えさせて頂きました。

その後10日間で是正&補修、未成工事の施工を終えてお施主さまに立ち会って頂いての竣工お引渡しの様子です。

Exif_JPEG_PICTURE

お施主さまご夫妻に加え、お施主さまのFP(ファイナンシャル・プランナー)の方も立ち会ってのお引渡しとなりました。早速に、難工事だった浴槽の再塗装を確認してもらいました。

Exif_JPEG_PICTURE

一通りの機器の取扱いやメンテナンス方法をお伝えした後、竣工お引渡し書類にサインして頂いている様子です。

Exif_JPEG_PICTURE

背面壁に壁掛けテレビはついていますが、まだ家具も入っていない状態なので、自分たちが暮らしてゆくイメージが湧かないとのことでしたが、すっきりとご自分たちの好きなイメージに出来上がった空間については大満足だとの言葉を頂くことができました。
来週からは、家具や家電等の搬入が始まるので、まだ油断することができませんが、とにかくここまで無事進んで、ホッとしております。

 

ページトップへ戻る