Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

家具・カーテン・家電類搬入設置そしてインテリア完成

高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

先日リフォーム工事が完成しお引渡しをしたサービス付き高齢者向けアパートメントS邸にご依頼されていた家具やカーテン、家電類の搬入設置でこまめに伺っております。

R0043542

まずはじめに、リフォーム工事開始とほぼ同じタイミングで発注を掛けていた大物家具の組み立て搬入です。こちらはリビングに置くソファー、デンマークのアイラーセン(取扱いアクタス)のストリームラインという名前のソファです。80代中盤のお施主さまご夫妻は、これまでは柔らかめのソファーを好んでいらっしゃたそうですが、一度座り込むと立ち上がるのが億劫になってきたとのことで、座面が比較的高くて、クッションも少し硬めのソファーをとのことで一緒に選ばせて頂いたものです。

R0043548

ダイニングのテーブルはカッシーナでイスはアルフレックスです。見た目は軽そうなダイニングテーブルですが、実は下部に組み込まれた円環が鉄でできており、重しととして働くので、手をついて立ち上がっても大丈夫とのことで、こちらを選ばせて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

二つの寝室には、いざという時の為に、介護用にも使える可動式ベッドを組み立てて貰いました。以前、京橋にあるパラマウントベッドのショールームにお施主さまと一緒に伺って、選んだベッドです。

Exif_JPEG_PICTURE

次のタイミングでは入ってもらったのが、窓ガラスのフィルム張り工事です。この部屋は西日が結構きついので、暑さと紫外線対策で、断熱フィルムのシーグフィルムを全ての窓に張ってもらいました。

Exif_JPEG_PICTURE

透明度が高く、断熱性能もきちんとしており、ガラスが割れたときの飛散防止や紫外線カット機能もついた優れもので、いつも愛用しているフィルムです。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはフィルム張り職人さんが使っている霧吹きやヘラ、カッター等の7つ道具です。

R0043553_pt

家具の補修や追加工事で、合間にも幾度か職人さんたちに入って調整してもらっています。

DSC_6200_pt

フィルムの次がカーテンです。今回は、二つの寝室はレースとカーテンのダブル、リビングはハンターダグラスのシルエットシェード、ダイニングはレースのみの仕様としています。取り付けはいつもお世話になっているバウハウスさんです。

R0045077_pt

シルエットシェードも白と茶色の二色を使い分けております。

R0045115_pt

家具が一通り組み上がって、カーテンとシェードが付いたLDKの様子です。まだアート・調度品やクッションやラグなどのファブリック類も足りず、多少寂しい状態ですが、空間の落ち着き具合が徐々に見えてきました。

Exif_JPEG_PICTURE

合間を縫って、お施主さまと一緒に選んだ家電・調理機器も運んでおります。上はご主人様ご愛用のネスプレッソ、下は家電用引出内に収まることを事前に確認していた炊飯器とトースターです。

Exif_JPEG_PICTURE

寝室の引出には、金庫も組み込んでもらいました。

Exif_JPEG_PICTURE

しばらく時間を置いて、現代製作所さんに制作を依頼していた特注家具ができたので、搬入設置してもらいました。こちらは、テレビ下に置く、ブルーレイ等のAV機器設置用の収納棚です。

Exif_JPEG_PICTURE

もう一つが、ダイニング横に置く、ファイル類や小物などをしまうサイドボードです。全ツヤで仕上げて貰った扉も非常にうまくできていました。

R0048617_pt

早速事前に用意していた配線類をスタッフの前田君に接続してもらいました。

DSC_0097_pt

お施主さまがアメリカからオーダーしていたラグやクッションも届き、部屋全体の彩りが加わってきました。因みにダイニングのラグはコザック・ジジムと呼ばれている物で、中東の平織のキリムの一種だそうです。華やかなクッションはシルクカバーです。

R0048618_pt

前田君がお施主さまのご主人にテレビの使い方をご説明している様子です。同時に奥では、こちらのアパートの管理者が奥さまと部屋警報等の使い方の再確認をしてくれていました。

DSC_0127_pt

イサムノグチのアカリ照明、アルテミデの読書灯、ポルトローナフラウのセンターテーブルも揃って、ほぼ完成形になったリビングでお寛ぎ中のSさまご夫妻です。
ここまで、長い道のりでしたが、何とかご満足いただけるレベルまで仕上げることができました。関わってくださったリフォーム工事関係者の皆様、家具屋さん、工事中にお世話になった建物関係者の方々、スタッフの前田君、どうもお疲れさまでした。そしてこのような貴重な機会を与えてくださったSさまご夫妻、どうもありがとうございました!

 

ページトップへ戻る