白金台のマンションリフォームC邸プロジェクトの発端

白金台のマンションリフォームC邸プロジェクトの発端

本日は再来週から工事が始まることになった、白金台のマンションリフォームC邸の現場調査に伺って参りました。ちょうど一月前にデザインリフォームの無料相談のコーナーから頂いたメールが、このリフォームプロジェクトの発端でした。

「カーペット敷きのマンション全体を防音仕様のフローリングに変更し、壁一面の作り付け書棚やテレビ棚の設置も検討しております。リフォームを済ませた形で入居したいと思っておりますが、どのくらいの期間を要するのか、またどのくらいの予算を考えておけば良いのか、教えていただければ幸いです。」とのご連絡を頂いたので、そのお返事として、これまでのリフォームの経験から、予算やスケジュールのメールをしたところ、すぐにお電話を頂いて、その日の夜にお目に掛かることになりました。

実はCさまは、僕らの事務所と徒歩で5分ほどの近くにお住みで、リフォーム予定のマンションもやはり5分ほどの近さとのことで、これまでのリフォーム事例のご紹介や、リフォームに掛かる費用の考え方、さらに具体的に色々なフローリングのサンプルや防音方法についてもお話し致しました。

マンションリフォームの現地調査

メールを頂いた三日後に現地を案内して頂きました。

  • 120平米の広さがありながら、空間のメリハリ”が乏しく、あまり広さを感じられない空間であること
  • キッチンや浴室を大きくリフォームすると費用が掛かること
  • LL45の防音レベルを確保するためのフローリングの”下地材”を設置すると、今より天井の高さが低くなること
  • 間取りの悪さが、収納量の少なさに繋がっていること

などの初見での感想をお伝えした後、簡単なスケッチを即興で起こしながら、

  • 使い勝手の悪い寝室を収納部屋にするご提案
  • メリハリの乏しい玄関に間接照明を設けて、”魅力的なコーナー”にするご提案
  • キッチン通路を一部つぶして、収納を作るご提案
  • 洗面を拡げて、ダブルシンクとリネン収納を作るご提案

などをお話したところ、とても気に入ってくださったようでした。その後はトントン拍子で話が進み、仮契約をして頂いた上で、この2週間で見積り用の設計図書を作成し、工務店に図面を渡し、見積り作業を始めて貰いました。

本日は、工務店の担当者に造作家具屋さん、ガス屋さん、電気屋さんと一緒に、現調(現地調査)を行い、作成図面と実際のマンションの相違点や、キッチンの改造の考え方などを説明いたしました。来週中には見積りが出来上がり、再来週から工事が始まることになりました。

これだけのスピード感で計画が進むことは少ないのですが、これができるのも、ひとえに設計事務所と工務店を信頼してくださる、お施主様Cさまの姿勢のお陰です。Cさま、今後ともどうぞ宜しく願い致します。

タグ

2009年10月22日 白金台のマンションリフォームC邸プロジェクトの発端 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 白金台C邸


»
«