Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

仕上げ材決定@六本木N邸

六本木N邸

ここまでデザインを続けてきた新築高級マンションリノベーションの六本木N邸ですが、仕上げ材を纏めた状態で見て頂き、最終決定をいたしました。

R0047070_pt

左下の黒いフローリングを基調として、木目に癖がないウォールナット突板やレザー、大理石(灰色と白)とカラーガラス、アクセントとなるカラークロスなどを使って、シックかつスタイリッシュなデザインを目指します!

R0047067_pt-2

僕らのモットーとしては、マンションリノベーションをする現地の光環境の中で確認してもらうようにしています。素材だけではなかなかイメージが掴めないので、それらを使った僕らのデザイン事例の写真や参考になりそうなイメージを見て頂きながら決定してゆきました。

R0044177

こちらは仕上げ決定の2日後ですが、施工会社2社に見積り依頼いたしました。平面図・展開図・仕上げ表、それにお施主さまにもお見せしてきた仕上げが伝わるイメージシート、これまでの工事で使ってきた類似事例のスケッチなどを渡して説明してゆきました。

R0044419

施工会社2社の人たちにも天井裏や床下の設備配管なども見て貰いました。

R0044406

新築高級マンションは天井裏も余裕があるので、設計もやりやすいのです。既存の折り上げ天井の位置を変えたかったのですが、できることを再確認いたしました。

R0044420

床下の置床下地と排水管のルートを確認した写真です。こちらは、それほどの余裕がありませんが、管理組合からコピーを頂いた図面とほぼ同じルートを通っていることが確認できました。

R0047073_pt

分電盤と弱電盤も少しですが移設するので、それらが可能かを見て貰いました。施工会社2社ともに、設備関連の移設は僕らと同じ見解であることが確認できました。今後は積りを待って、比較表を作りながら価格交渉をして、施工会社を決めてゆくことになります。

 

 

ページトップへ戻る