Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

高層マンションリノベーションプロジェクトお台場K邸

お台場K邸

年始のプロジェクト紹介でも掲載いたしましたが、昨年からお台場の高層マンションリノベーションプロジェクトK邸の設計が始まっております。現在はお施主さまご一家が外国に滞在中で、今年の夏にご家族が日本に戻る際に居住するために、ご購入なさった中古マンションを全面的にリノベーションする計画です。

DSC_3456_stitch

窓からお台場の景色が一望できる高層マンションです(写真はパノラマ合成です)。天井が高く(CH=2700(ちなみにCHは建築用語でシーリング・ハイトつまり、天井高さのことです))開放的な空間です。

DSC_3474_pt

内部の廊下も天井が高く、立派な建具がついている高級マンションです。

150105shinnen_project-1

3社に声掛けしてのコンペだとのことで、(別途ご提案料を頂いたうえで)このようなプレゼンテーションシートを頑張って作りました。

DSC_3462

これまでのリノベーションの実績を整理して作っている概算表をベースに、大まかにどのくらいの費用が掛かりそうかについての資料もお見せいたしました。結果としては、これまでの実績と、このプレゼンテーションで設計のご依頼を頂くことになりました!

Exif_JPEG_PICTURE

お子さま2人を連れて日本に戻ってこれる回数が限られているので、奥さまがご帰国した折りには一番重要なキッチンのプランを固めるために、キッチンショールームを幾つかご一緒に巡らせて頂きました。こちらは代官山のクッチーナのショールームです。

Exif_JPEG_PICTURE

ご主人さま奥さま共にインテリアにご興味があるので、キッチンと洗面については主に奥さまが、書斎についてはご主人さまが来日なさった際に打ち合わせることになりました。因みに、その他のリビングダイニングや玄関などについてはお二人の意見をスカイプで伺ってご提案することになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

とはいえ、スカイプでは仕上げ材の素材感が伝わりませんので、事前にお送りしてたインテリアのイメージ写真でお好きだと言ってくださったものに近い素材もお持ちして、ご興味があるものについては持って帰って頂いております。

DSC_3461

最後は高層階の窓からの景色です。高層マンションは建物の管理組合&管理会社がリノベーションに対して厳しく、また、警報関係やスプリンクラーなどの設備の絡みが多いので大変なのです。外国居住中とのお施主さまとのコミュニケーションも大変そうですが、何とか頑張ってKさまご夫妻に満足して頂けるようなリノベーションに仕上げてゆきたいと思っております。

ページトップへ戻る