Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

大理石・レザーパネル・カラーガラス張りの濃密なアプローチ空間の作り方

六本木N邸

六本木N邸では、窓のない共用廊下から玄関、廊下からホール、2面開口のあるLDまでの暗くて、退屈になりがちなアプローチ空間をインテリアと照明の力で、スタイリッシュな空間にリフォームしようと企んでいます。

DSC_0686_pt

そのアプローチ空間でのクライマックスになるのが、廊下突き当りのホール壁に張った白い大理石(アラベスカート)のボーダー張りです。

DSC_1032_pt

玄関ホールは、正面には灰色系の大理石、グリジオビリミエを張り、横面(写真では正面)にはカラーガラスを張っています。このカラーガラスの左側には、奥のシューズイン・クローゼットの扉が隠されています。

DSC_0836_pt

レザー張りのパネル壁から、ライブラリーコーナーとのガラス間仕切りと続き、その向こうに最初にご紹介したアラベスカート張りの壁が来るシークエンス(空間の順序)となっています。濃密な素材が続きますが、間にガラス類を挟んで、強い素材同志が隣合わないように工夫しています。

DSC_0688_pt

スラブ材(大判の大理石)でお願いしたアラベスカートを、わざと均質化するために、高さ150ミリ、幅800ミリのボーダー形状(短冊形)にカットしてもらい、それを積み上げる形で張ってもらいました。

R0049717_pt

アラベスカートはユニークな斑模様が入った大理石ですが、その白い部分の白さを強調するために、床にはLEDのアッパー照明を仕込んで、仕上げ材の印象をさらに強めています。

写真 6_pt

ホールに隣接するライブラリーコーナーの壁にも大理石を張り伸ばしていますが、こちらには黒を基調とした本棚が並ぶので、それに合わせて天井もダークグレーで塗装してもらいました。

DSC_0845_pt

玄関ホールを回ってリビングダイニングに入るとこのように開けた空間が広がっています。比較的狭くて、濃密なディテールが続くアプローチ空間と、広くて開放的な空間を対比させることで、お互いの特徴を活かす空間構成になればと考えています。

DSC_1027_pt

一番窓際にくる丸柱は、あくまでも白く仕上げたいので、丁寧に塗装屋さんにパテしごきをしてもらっています。

DSC_0844_pt

その天井もなるべくすっきりと納めたかったので、空調のブリーズライン(吹き出し口)を黒く塗装した照明ボックスの中に仕込んで、目立たないようにしています。

 

 

 

ページトップへ戻る