Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

施主検査前夜のシークレットプレビュー?@六本木N邸

六本木N邸

マンションリノベーションの工事が完了した際には、お施主さまに立ち会って貰いリノベーションの工事内容に間違いがないか、気になるキズや施工不良がないかを確認して頂く「施主検査」というプロセスがあります。本来的には、初めてリノベーションの内容を目で見て、空間性を実体験して貰う、感動的なタイミングのハズだと思っています。
ただ、悪徳リフォームや第三者インスペクションなどの影響で、施工側がインチキ工事をしていないかを確認することが目的のようになってきているようです。何とか、お施主さまにリノベーションと初めて出会う感動を味わって貰いたいと考えて、今回は施主検査の前日の夜に一工夫をしてみました。

R0049897_pt

ちょうど施主検査の前日にお施主さまご夫妻と夕食をご一緒する約束をしていたので、その食後に現場を極秘(?)で見学してもらったのです。いわば、シークレット・プレビューです。
翌日の施主検査に向けて最後の仕上げ工事やクリーニングを必死で進めてくれている施工会社には、事前に電話でお願いをして、見学しても良いかを確認したうえでのプレビューなので、実質上は全くシークレットではありませんが…。

R0049901_pt

今回の六本木N邸は照明計画も練りに練っており、夜景が特にきれいなので、お施主さまご夫妻も本当に喜んでくださいました!
普通の検査だと、リノベーション工事関係者が多数見守る中で、シビアな目でミスを見逃すまいとする心構えで、空間体験するというより検査に立ち会う感覚となってしまいがちです。ただ、この夜は何度も打ち合わせを重ねてきた設計の僕らとご夫妻の4人だけで、検査といったヤボ用は抜きに、単純に空間を初見するという目的で訪問することができたので、「まるでテレビのビフォー&アフター番組のような感動を味合うことができた」とお施主さまからも喜んで頂けました!

R0049922_pt

こちらが、その翌日の竣工・施主検査の様子です。僕ら設計側がお施主さまに先立つこと2時間ほど前に伺って、一通り施工不良個所や未成個所に付箋を付けてチェックしてたいた内容をお二人にご説明してゆきました。写真は、丸柱と床フローリングが接する箇所に隙間があり、コーキングで納めるべきか薄い木の雑巾摺りを廻すかをご相談している様子です。

R0050001_pt

ほぼ全ての家具が揃っている段階でのチェックなので、ダイニングエリアであればダイニングチェアに座って気になる個所をチェックして貰い、リビングであれば、ラグに隠れる箇所のチェックは軽く済ませて、ソファーに座って正面に見えるテレビ収納付近は念入りにチェックして頂くようなスタイルで検査して頂きました。

R0049930_pt

施工のリフォームキュー側からは設計・営業担当の岩波さんと坂本さん、現場の富田さんと宮脇さん、家具についてはメイズの柚澤さん、そして設計からは担当スタッフの竹田さんと各務の大人数で、付箋を貼った個所を回ってゆきます。

R0049956_pt

検査ギリギリで完成したライブラリーの本棚やガラス扉を奥さまと一緒にチェックしました。とてもきれいなディテールの納まりには奥さまも感心してくださいました。

R0049936_pt

廊下では、主にフローリングのキズや幅木との間の隙間をチェックした内容をご説明いたしました。黒いフローリングは、白いホコリが目立ちやすい上に、まだ工事のチリが空中を舞っているので、しばらくは汚れやすい状態であることもご説明しています。

R0049989_pt

洗面所と浴室の検査では、追加でバスローブのフックを付けたいとのことで、浴室への扉脇で高さと位置を確認して貰っている様子です。

R0049944_pt

主寝室のヘッドボードもご覧になるのは初めてでしたので、デザインの工夫や作り方のディテールも説明させて頂きました。まだシーツは掛かっていませんが、ベッドも現場に入っているので、サイズ感も判って、使いやすそうな様子も判ると講評でした。

150320

1.5時間ほどご一緒に回って頂き、検査で引っ掛かった個所全てを図面にナンバーリングして、さらにその内容を以下のようなリストに後日纏めて、施工側とお施主さまにお渡しいたしました。

150320-1

細かい点を含めて、60項目以上のダメリストとなりました。ここまでの工事プロセスも設計側で細かく見てきましたが、やはりどうしてもこれくらいの数のチェックは入ってしまうものなのです…。とはいえ、塗装や簡単な調整で直るものがほとんどなので、こちらのリストに施工側でいつまでに補修ができるかを描き込んでもらった上で、お施主さまにお渡しすることとなりました。
前夜のプレビューから、当日の検査立ち会いまで、長時間現場に立ち会ってくださったNさまご夫妻、どうもありがとうございました!

 

ページトップへ戻る