Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

クラッシク・エレガントな家具探し@サァラ麻布&ベイカー東京

元麻布I邸

元麻布I邸のお施主さまご夫妻は、クラシカル・エレガントなテイストとモダンデザインを合わせたエクレクティック(折衷様式)なインテリアをお望みなので、それに合うちょっとクラッシックかつ優雅なデザインの家具を探しています。

R5550374_pt

まず最初に訪問したのが、サァラ麻布の西麻布のショールームです。これまでにも幾度かお施主さまと一緒にこちらを訪問したことがありましたが、ここまで真剣に検討したのは初めてのことです。クラシックスタイルで、脚の長さを低めにするためにカットすることができるものを幾つか拝見させて頂きました。

R5550388_pt

エレガントなチェアも主寝室に一つか二つ置きたいとのことで、広いショールームのすべての階をご一緒に見て回りました。

R5550427_pt

ショールームに展示されていないものについてはカタログで説明して頂きました。同じスタイルでも仕上げ材の色味を変えることで、イメージも随分変わることも、写真で見せて頂きました。

次に伺ったのは、五反田デザインセンターに引っ越したベイカー@東京のショールームです(実際に訪問したのは、別の日です)。

R5550148_pt

コンソールやダイニングテーブルなどを中心に見るつもりでしたが、Iさまの奥さまが一番興味を持ってくださったのは、ショールームの床にも敷かれていたTUFENKIAN(タッフェンケン)のラグでした。

R0056167_pt

タッフェンケンの全容にはおよそ及びませんが、それでもこれだけの実物サンプルがあるので、カタログやウェブでは見えない光沢や細かいニュアンスまで確認できるので、Iさまもその魅力に気が付いてくださったようです。

R0056166_pt

サァラ麻布とベイカー@東京で見かけた、採用する候補になりそうなコンソールとドレッサーの数々です。実は、まだ家具探しを初めてそれほど時間も経っていないので、まずは候補を幾つか挙げて、それらをCGの完成予想図に入れ込んでみて、そのイメージを確認したうえで決定してゆこうと考えています。CGに描いてもらうために、サイズのデータや、仕上げ材のクローズアップ写真も撮らせて頂きました。

R0056068_pt

次に伺ったのは、青山のフィリップ・セルバです。ドレクセル・ヘリテイジ・ショールームの2階にあるイタリア製クラシカル家具の展示です。ここでは、ダイニングチェアの候補を幾つか選ばせていただきました。

R0056061_pt

ソファーを置くリビングエリアは、もう少しモダンなものも検討したいとのことで、近くのミノッティのショールームを見て頂きました。ダイニングやキッチンの人と話ながら、テレビを見ることができるL字構成で、さらにベランダ側に予定している子どもコーナーにいるお子さまともお話ができる、3方向に使えるソファーの候補として、WHITE(ホワイト)シリーズをご提案したところ、こちらにも強い興味を持ってくださいました。

R5550009_pt

こちらについても、CGに取り込むために、ある程度生地の候補を挙げて頂きました。

R5550122_pt

さらにこの勢いで伺ったのが、中目黒のマナ・トレーディング・ショールームです。こちらは輸入ファブリックやラグの専門店です。

02

こちらでは、寝室のヘッドボード側壁にはるアクセントクロスを一緒に選ばせていただきました。

03

タイ・シルクの最高級品とされるジム・トンプソンのコレクションの中から、壁に張れるシルク生地の候補を選ばせていただきました。
実際には、複数日に渡ってのショールーム訪問ですが、まずはお施主さまご夫妻が持っているインテリアのイメージを確認するとともに、CGに取りこむための資料採集も兼ねて、沢山のショールームを駆け足で回らせていただきました。

 

 

ページトップへ戻る