Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

玄関ホール床のライムストーン張り@元麻布I邸

元麻布I邸

工事が進んできた元麻布I邸の現場で、玄関ホール床のライムストーン・モカクリーム張りが始まりました。

r5551803_pt

マンションの床に石を敷く場合、二通りの工法があります。一つは遮音性能を確保した二重床を作り、その上に接着剤を使って張ってゆく方法で、もう一つがセメントを混ぜた砂(バサモルタル)を敷き込んでそこにセメントペースト入りの水(ノロ)を掛けながら張ってゆく方法です。

r5551786_pt

最初の方法は遮音性能が確保されたうえ、接着剤を使っているので、施工スピードは早くなりますが、二重床の性能的に揺れてしまうので、石同志の目地部分は動きに追従するシールで納めることになります。写真は、玄関ホールに運ばれた大判のモカクリームです。

r5551806_pt

今回は、元々の玄関ホールと同じ施工方法ということで、後者のバサモルタルを使っての施工となりました。こちらの方が、沈み込みがないので、目地を極限まで細くすることが可能で、今回はほぼ突きつけで敷き込んでもらいました。大きな面積を、下地から作ってゆく必要があるので、時間も掛かりますし、赤いレーザーの線が見えていますが、この線に沿ってフラットに納めてゆくのは熟練の技が必要になります。

dsc_2474_pt

玄関ホールは、ライムストーン張りの為に封鎖してしまうと、他の工事が進められなくなってしまうので、今回は廊下幅が広いことを利用して、入って正面に向かって右半分から張り始めて、そちらが終わってから左半分を敷く方法で進めてくれたようです。

r5551798_pt

同じタイミングでキッチンの床には大理石調タイルが張り始められました。

dsc_2467_pt

こちらは二重床上に接着剤を使って張ってゆくのでスピードが早く、一日でこれだけの面積を張り上げることができたそうです。

dsc_2491_pt

ちょうどキッチン奥の窓から自然光が入ってきて、ツヤのある仕上げのタイルなので、少しでも歪んでいると目立つので、不陸調整が一番大変だったとのことでした。

dsc_1939_pt

日程が前後しますが、工事工程の半分を超えて、もうすぐ仕上げ工事が始まる段階での現場の様子です。ダイニングからキッチン側を見ているアングルですが、キッチンを開閉できる建具の枠が取りつき、天井も最初の一層目の石膏ボードが張られ、二枚目が重ねられ始めています。

dsc_1936_pt

キッチンに立ってリビングダイニングを見返すとこのようになっています。まだ、LGSを立て始めた頃からそれほど進んでいないように見えますが…

dsc_1959_pt

この写真で、壁タイル上部に細くて白いレールのようなものが付いているのが見えるでしょうか。これはピクチャーレールなのですが、こういった細かい作業を進めて貰っていたので、大きな構成が変わっていないように見えるだけで、実際には工事が着実に進んでいるのです。

r0058056_pt

こちらが、大工の蓮池さんがピクチャーレールの固定作業を進めてくれている様子です。

dsc_1932_pt

こちらは主寝室ですが、こちらも壁際で天井に近い個所にピクチャーレールが取り付けられています。

r5551808_pt

主寝室には、このようなモールディングが取りつくので、その高さに事前に合わせた位置にピクチャーレールが取り付けられていたのです。

dsc_2479_pt

こちらは書斎コーナーですが、壁のクロス張りの個所に、クロスがのっぺりと見えないように目地が4本埋め込まれています。

r5551766_pt

幅木も既に取り付けられていますが、コンセントを幅木の中に収める計画なので、幅木をこのようにくり抜いて貰う作業も進めて貰っています。

dsc_2478_pt

そうこうしているうちに、ユーティリティースペースの床の大理石調タイルが張られ、

dsc_2475_pt

来客用トイレの壁と床には、フィアンドレ社の大判スタトゥアーリオ柄タイルも張られていました。

r5551812_pt

お施主さまのIさまご夫妻も、頻繁に現場に足を運んでくださっています。リビングのTVコーナーにて、スピーカーの位置を確認して頂きました。

r5551831_pt

主寝室では、ちょうど天井廻りのモールディングが張り終わったので、その様子を見て頂きました。

r0058103_pt

こちらは、玄関ホールからリビングに入る個所に設置予定のレザー張り建具のデザインとサンプルを確認して頂いている様子です。

dsc_1931_pt

プライベート廊下の幅と既存建具を再利用した枠部分も確認して頂きました。

r5551778_pt

現地には第一陣の造作家具の箱も運ばれていましたので、これから造作家具の組立ても順次始まってゆく予定です。因みに、こちらの家具は、洗面カウンター家具のボックス類です。

ページトップへ戻る