Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ミノティの大型ソファの発注@西麻布N邸

西麻布N邸

昨年と一昨年は沢山ショールームも訪問して、採用した実績が多数あったイタリア製高級家具のミノッティですが、昨年の成城Z邸以降は、しばらくご提案する機会がありませんでした。

230平米の大型マンション・フルリノベーションプロジェクトの西麻布N邸では、大きいLDに大柄でスタイリッシュな家具を採用なさりたいとのお客さまのNさまご夫妻からのリクエストがあったので、幾度かこちら南青山のミノッティショールームにご一緒しておりました。本日は、そろそろ発注しないとリノベーション完成時に間に合わなくなるとのことで、トライアングル店にて最終決定をするためにご家族で来て頂きました。

Nさまからは図面で見ても実感が湧かないので、CGで家具が入った様子も含めて確認したいとのことで、外注のCG事務所にお願いして作って貰ったCGです。

CGと実際のファブリックを比べながら、またリビングダイニングの図面上にレイアウトしたソファとCGを見比べながら、ミノッティの担当の早坂さんにも相談に乗って貰いながら、内容を詰めてゆきました。

まだ小さなお子さまがいらっしゃるので、汚れることを気になさっていらっしゃいましたので、張替えが比較的容易にできるファブリックと、耐久性が高くて、長持ちするレザーを組合せることができるスタイルのソファで選んでゆきました。

3歳になるN君も最初はお父さまとお母さまと一緒に良い子に座って話を聞いてくれていましたが…、

途中からはショールームんコーナーでお母さまがご用意してくださったおもちゃで、良い子に遊んでくれていました。当初はミノッティではソファーを中心とした、リビングセットを選ぶだけの予定でしたが、今お手持ちのフェンディのダイニングテーブルとイスもやはりこの機会に交換なさりたいとのことで、ダイニングテーブルが展示されている、コート店にも伺うことになりました。

7月に新しくオープンするミノッティ青山・旗艦ショールームにはまだ訪問できませんでしたが、こちらコート・ショールームにて、幾つかのダイニングテーブルを拝見させて頂きました。残念ながらダイニングテーブルにはピンとくるものが無かったので、他のブランドのダイニングテーブルで、サイズとデザイン的にマッチしそうな候補を挙げて、お客さまたちだけで見に行って頂くことになりました。候補として、まずはモルテーニ(アルフレックス)かB&Bイタリアか、カッシーナかフレックスフォルムかポリフォルム(アクタス)になりそうです。

 

 

ページトップへ戻る