Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

B&Bイタリアとミノッティの家具ショールーム巡り

港区R邸

港区R邸リノベーションの家具&インテリアの打ち合わせで、お客様ご夫妻と一緒にB&Bイタリアとミノッティの家具ショールーム巡りをいたしました。

最初に伺ったのはB&Bイタリアです。ご夫妻は青山エリアの高級家具ショールームは幾度も訪問なさったことがあったそうですが、なぜかこのB&Bイタリアはあまり見たことがなかったとのことで、一度奥さまをご案内したところ、この写真のMICHEL(ミッシェル)をとても気に入ってくださっていました。

お二人の間で、いやにリラックスしているように見えますが、実際にソファをご購入なさっても、結構な割合で床のラグの上に座って、ソファを背もたれ代わりになさっている方が多いそうなので、それを実演している様子なのです。

もう一つ確認して頂きたかったのがマクサルト(B&Bイタリアの高級シリーズの内部ブランド)のダイニングテーブルのPATHOS(パトス)でした。天板の大理石はサハラ・ノワールを気に入ってくださっていましたが、3メートルのサイズとなるとこの大理石は無理だとのことで、黒い大理石のマルキーナブラックが候補になります。

次に立ち寄ったのが、モルテーニのショールームです。大理石天板のダイニングテーブルのFILIGREE(フィリグリー)を見て頂きましたが、残念ながら艶消しの表情は好みでないとのことで、こちらは候補にはなりませんでした。

次はミノッティの青山ショールームです。当初、CGに入れ込んでいたのが、新作のLAURENCE(ローレンス)シリーズだったので、サイズ感を座り心地を確認して頂きました。

サイズの大きさが部屋にマッチするように思えないとのことで、このローレンスシリーズは放念して、次回にコート店に展示してあるYANG(ヤング)シリーズを見て頂くことになりました。

その後は、すぐ近くのモザイクタイルのシチス・ショールームを訪問致しました。まだ設計が始まったばかりのイメージですが、お客さまとの契約で決まった竣工時期に間に合わせるためには、時間が掛かる素材は早めに決めて発注してゆく必要があるので、玄関ホールにご提案していたモザイクタイルの素材とイメージをショールームで確認して頂きました。これで良いので、発注との運びになりました!

浴室に設置する浴槽にもこだわりたいとのことでしたので、やはりすぐ近くの骨董通りにある国産高級浴槽ブランドのジャクソンショールームにも寄らせて頂きました。まずは、水を張った浴槽で、ジェットとブロアの機能の違いを見て頂きました。ジャクジーでのジェット、ブロアといった用語は混乱されて使われていますが、正確にはジェットは浴槽内の湯水を加圧循環させ、浴槽横面についたノズルから空気と混合したうえで噴射する機能のことで、ブロー(ブロア)は空気ポンプにより、浴槽底面についたノズルから空気を噴射する機能のことです。マンションでは、ともに音の問題で使用が禁止されていることがありますが、今回のR邸のマンションはどちらも問題ないとのことで、ご主人さまの希望もあるのでジェット&フロー機能付きで進めることになりました。

浴槽の種類については、浴室の大きさに対して最大サイズの浴槽を入れて欲しいとのことでした。まだ解体&墨出しができていない段階では最大サイズがどこになるのか分かっていないので、安全側に考えた少し小さめの浴槽と、より大きめサイズの浴槽の二つで作図作業を進めることで了承して頂きました。

ジャクソンショールームの上階はグローエのショールームとなっているので、シャワーや水栓の使い勝手や水流を体感して頂くことができました。
お昼から夜までの8時間に渡る長時間のショールーム巡り&お打合せ、どうもありがとうございました!

 

 

ページトップへ戻る