Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

中国福建省への大理石視察ツアー-3

港区R邸

福建省アモイ市近郊の大理石視察ツアーの3日目は、港区R邸のリビングダイニングの床に張る大理石の現品確認がメインの目的です。

キダマーブルの斉藤さんには同行してもらっていますが、代理店が昨日までの石販の秦さんからこれまでも幾度か他のプロジェクトでお世話になっているアジアングラニットの池田さんに代わり、現地側の代理人と通訳の方も変わりました。代理店によって特異な石種があるそうで、キダマーブルでは幾つかの代理店を使い分けているそうです。

また昨日に続き、巨大な大理石展示場を廻ってゆきます…。

今回捜している石は、当初サンプルを手に入れた際にはブレッチャ・オニチャータ(Breccia Oniciata)だと聞いておりましたが、人によっては、それはゴールデン・ストリングス(Golden Strings)だと言われたりしましたが、とにかく日本では見たことがない特殊な大理石なことは確かなようでした。
英語でも検索を掛けたところ、ベローナ・ゴールデン(Verona Golden)だったり、ツンドラ・ゴールド(Tundla Gold)といった名称で似たものが見つかりましたが、その正体は良く分かっておりませんでした。

中国側の代理人には事前にこちらのイメージ写真とサンプル写真を送っていたので、ある程度目安をつけておいた箇所を回ったので、最初から色味はピッタリのものが見つかりました。前田君が持っているものがこちらのサンプルですから、現物から切り出したと思えるほど似た色味&表情でした。その後に回った展示場でも、ほぼ同じ表情のものが見つかりましたが、ただ、残念ながらスラブの厚み(つまりは石の厚み)が薄すぎて、日本への輸入時に破損してしまいそうなことや、面積が足りないことが理由で採用することは出来ませんでした。

最後に回ったのがこちらの市場でしたが、スラブの厚みも最適で、面積も十分な量が確保できることが分かりました。ただ、1ブロック分のスラブ材に濃淡があり、濃い部分については、こちらがお客さまに出発前に了承をえていたものより黒味が掛かっていました。

日本であれば、仮押さえをお願いした上で、お客さまに事情をお伝えしてサンプルをお見せした上で、最終的な購入を判断できるのですが、中国の場合は仮押さえという概念がないので、ここで購入するしか確保する方法がないのです。購入を見送って、日本に戻ってお客さまと相談のうえで決定した際に、この石材が売れてしまっていれば、また改めて中国に飛ぶしかなくなってしまうということ、まだスケジュール的にも早急に決めないと輸入してからの施工も間に合わないことを勘案して、急遽中2階にある打ち合わせ室で、石割と石取り、さらにどの部分にどの濃さの石を使うかを検討することになりました。

その間に、帰国後にお客さまに色違いのことをご説明するために、それぞれの色味に近いサンプルをお願いして、現物と比較した写真を撮らせて貰いました。
キダマーブルの斉藤さんと前田君と各務で検討した結果、直接自然光が当たらない玄関ホールと来客用トイレと廊下部分に黒っぽい石を使えば、メインで大きく見えてくるリビングダイニングには明るい表情のものを廻せることが分かったので、その場から日本の工事担当のリフォームキュー坂本さんに電話したうえで、この方針で購入したい旨を伝えたうえで、すぐに現地で購入手続きを進めて貰うことに決定しました。

現地で購入する場合は、すべてのスラブをきちんとチェックしておいた方が良いので、市場の人にも手伝ってもらって、重たい石スラブを一枚ずつめくって、隙間から石材に傷や割れ目がないかを全て確認して行きました。

また、それぞれのスラブの横に掛れている数字と、背面に張られている番号を控えて、日本に入ってきた際に現物であることを確認できるように準備しておきました。因みにこの石材の中国名も色々とありましたが、購入したものは云多拉金という名称で、他には云多拉灰や金灰や黄金灰といった名称で展示されていました。

折角中国まで来たのに、うまく仕入れられないとすべてのスケジュールが変ってしまうという、責任重大なプロセスでしたが、何とか無事購入することができたので、一同ホッと致しました…。

この市場はBMGストーンという会社でしたが、他にも面白そうな大理石が多数展示されていたので、ちょっと散歩がてら見学して歩きました。

日本では良い柄のスラブ材がなかなか見つからないネロクラウンやネロマルキーナは黒白根という名称で、良さそうなものが沢山並んでいました。

初日に希少石の市場でも見たオニキスのユニークな柄のスラブも沢山展示されていました。

一枚のスラブだけでは、ただ不思議な模様にしか見えませんが、二枚のお揃いのスラブを本を開いたような張り方(ブックマッチ)で張ると、神秘的な文様になってくるのです。

日本へ戻る最終日の午前中は、少しだけアモイ市の市内観光をさせて貰いました。留守の事務所スタッフへのお土産を探しましたが、海を挟んでお向かいにある台湾土産ばかりで、福建省独自の特産品はほとんど見つかりませんでした。

こちらは3泊したホテルの部屋からのアモイ市の景色です。戸建て住戸は極端に少なく、団地形式の古い建物が街区に沿ってブロック状に立ち並び、大きな道に沿って比較的新しいマンションやオフィスビルが並んでいました。大理石の一大集積地の近くではありますが、大理石を特徴的に使ったようなデザインの建物は見つけることができませんでした。

最後の写真は、帰りの飛行機の窓から見た大理石市場が集まった水头市の空撮です。白い屋根と黒いパネル屋根になっているところのほぼ全てが大理石市場でしたから、どれだけのマーケットが集積しているかが良く分かりました!
3泊4日ながら中身が詰まった大理石視察ツアー、大理石や御影石について、色々な勉強をすることができました。

ページトップへ戻る