Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

建具吊り込み&造作家具据え付け@西麻布N邸

西麻布N邸

西麻布N邸大型ロフト付きリノベーションの現場ですが、仕上げ工事が一気に佳境を迎えました。

リビングダイニングだけで100平米はある広い現場なので、この写真ではそれほど感じませんが、とにかく色々な種類の職人さんが現場に入ってきました。

先回のブログでご紹介した、大理石ダークセルベに真鍮の目地棒を入れながらの壁仕上げは、大分仕上がってきました。

大理石のサイズ違いで埋まっていない箇所もありますが、きれいに出来上がってきたところは、このような表情になってきました。真鍮目地に接着剤がついているのをうまく取れば、ハイブランドのショールームのような雰囲気になってきました。

こちらはリビングダイニングからその壁が折れ曲がってきた玄関ホールの展開写真です。向かって左側は大きなシューズインクローゼット(SIC)の入り口をカラーガラスの袖壁と扉で隠すデザインとなっています。

同じ玄関ホールの反対側の壁には、三連の収納扉が付き、キッチンへの通用口はまだ扉が吊りこめていませんが、その右側の壁には天窓まで大理石張りが進んでいます。

玄関ホールの天窓下に立って見上げると、このように大理石が上へと伸びてゆきます。

キッチンへの通用口は隠し丁番ではディテール的に収まらないので、このようなピボットヒンジを使って納めて貰うことになっています。

建具のつり込みが随所で進んできました。玄関ホール入って正面のシャム柿突板の迫力ある二枚扉と両袖の透明ガラスが吊り込まれました。白太(シラタ)の部分がどのように見えるか、細心の注意を払って作って貰いましたが、うまく行ったようでホッとしております。

こちらは来客用トイレ手前の引き込み扉の吊り込み状況です。このようにフラッシュで作られた建具芯に特注取っ手をはめ込むためのスリットが入れられています。

そこに、この床に置かれた不思議な形状の金物を…

このように差し込んでゆきます。

最後に事前に作っておいたステッチ入りのレザーパネルを張ると、上質感のある素敵な建具へと変身してゆくのです。

リビングダイニングからプライベートゾーンへの入り口と合わせて、柱型隠し、AV収納を合わせた家具の据え付けも始まっています。

こちらは、キッチン入り口横に入る、ビルトイン型ワインセラーをはめ込む造作家具です。右側の奥行きがある箇所の下部にワインセラーが入り、左側には開くと収納できる扉をつけて、下に扉付き収納とカウンター、上部にガラス扉のワイングラス入れが入ります。こちらの扉材などは玄関ホールの扉と同じシャム柿突板(こちらはツヤなし仕上げ)で、造作家具の上部隙間には、ダークセルベの大理石と真鍮目地がまわる予定となっています。

ワインセラーを収める家具の隣に来るダイニングからキッチンへの扉も、同じシャム柿のツヤ無し塗装仕上げとなっています。こちらの引き込み扉に特注取っ手をはめ込んでいる様子です。

ここまであまり作業が進んでいなかった洗面所のカウンター家具も入ってきました。

クォーツストーンのカウンター甲板やアンダーカウンターのシンクはまだですが、凡その形が組み上がってきました。向かって右側の壁には、お子さまたちが座って歯磨きができるようなベンチも取り付ける予定です。

こちらは来客用トイレの手洗いカウンターです。

主寝室には人工レザー張りのヘッドボードが入る予定ですが、その下地が組み上がってきました。

同じ主寝室の反対側の壁には、奥さまが使う予定のミニ書斎テーブルも組み立て始められていました。

 

 

 

 

ページトップへ戻る