Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ラグの現場シーミング加工後にミノッティのソファ搬入

西麻布N邸

お引渡しが終わった大型リノベーションプロジェクトの西麻布N邸ですが、オーシマプロスでお願いしていたラグが現場に搬入されました。

通常は中が空洞になった紙製の筒に巻いた状態で搬入されますが、それだとサイズが大きくなり過ぎてしまうので、芯を抜いた状態で現場に搬入してもらいました。

写真だとサイズが分かりにくいですが、一つで2×3.7メートルの大型ラグです。そのサイズのラグ2枚を現場で継ぐシーミング加工をして貰い、4×3.7メートルの大型ラグを作って貰うのです。最初からそのサイズにしてしまうと、マンションエレベーターでの搬入ができないので、このようなスタイルになりました。

シーミングとは、カーペットを繋ぎ合わせる加工のことです。写真のような粘着剤の付いたテープを、二つのラグの継ぎ目の下に敷き込み、…

専用の小型アイロンで粘着剤を溶かしながら接着してゆきます。二枚のラグの間に挟み込まれているのがそのアイロンです。

手前から始めて、徐々に奥へとシーミングしてゆきます。

こちらが一通りシーミングが終わった様子です。大理石調タイルの上で、ラグが滑らないように滑り止めシートを敷き込んでもらいました。もともとのラグも2種類のラグを工場でシーミングしたものだったので、ラグを裏返すと3か所でシーミングジョイントされたように見えますね。

こちらがシーミングが完成した際のクローズアップ写真です。オーバーロック加工(縁がほつれないように、特殊なミシン二重縫いして仕上げること)部分はうまく継げないのではと心配していましたが、間近で見て問題がないほどきれいにシーミングされていました。

ラグを敷いたところで、ミノッティでお願いしていたソファ類を現場に搬入設置して貰いました。事前の調査でエレベーター搬入は出来ないサイズであることは分かっていましたが、階段では無事荷揚げすることができました。

大型のWHITEソファを現場で荷解きして、

こちらが指定した箇所にレイアウトして、組み立ててゆきます。

ソファの接合部分には、このようなジョイント金物がついており、そこをうまく合わせてゆくと、ピッタリと寄せ合って離れなくなる仕組みとなっています。

暖炉前に置くラウンジチェアと、ソファに合わせてオーダーしたクッションも届ています。

一通りのソファセットが組み上がったところで、お出かけしていたN君が戻ってきて、大喜びでソファを橋に見立てて、遊びまわってくれました!

こちらは暖炉前のラウンジチェアの様子です。家具が入ってきたことで、西麻布N邸の空間も大分落ち着いてきた感じが致します。

 

 

ページトップへ戻る