Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ニシザキ工芸の塗装工場にて家具塗装の勉強

港区R邸

港区R邸の家具と建具全般をお願いしている造作家具会社ニシザキ工芸の塗装工場を見学させて貰いました。

以前より、造作家具の腕の確かさ以上に、塗装部を自社に持ち、鏡面塗装の仕上がりの良さに定評があったニシザキ工芸という会社には、ずっと興味を持っていました。

こちらにも普段お願いしている優秀な造作家具屋がいたので、これまでお願いすることができておりませんでしたが、港区R邸では、工事全般をお願いしたリフォームキューの営業&設計の坂本さんが、鏡面塗装仕上げの量が多く、非常に難しい工事になりそうなので、イチオシの造作家具屋にお願いしたいとのことで、初めてニシザキ工芸さんとのお付き合いが始まりました。
こちらは、本社から歩いて3分ほどのところにある、塗装工場です。道路上から入り口が数段あがっており、左側の大きな扉の前がプラットフォーム状になっていますが、これはトラックでの家具搬入のために、このような形態になっているようでした。

3階建ての建物で、1階と2階が塗装工場になっています。訪問した当日午前中は、塗装部のスタッフ全員で工場内を清掃する日だとのことで、塗装そのものは工場長が一人で細々とやっている程度で、他のスタッフはずっと片付けと清掃をしていました。鏡面塗装のようなデリケートな作業では、ホコリが一番の大敵とのことで、徹底的な掃除で感心致しました。

こちらは3階の倉庫に置いてあったサンプルです。仕上げレベルによって変わってくるのですが、塗装のプロセスは20~40工程を経て完成させるとのことで、流れ作業で効率的に仕上げてゆくとのことでした。因みに塗装の費用は、工程の数と一般的でない技法を使うかどうかによって変わってくるそうですが、ツヤだけで考えると、ツヤなしから7分ツヤありまでは同額で、全ツヤや鏡面磨きはその約2倍の費用になり、工期も倍ほど掛かるとのことでした。

家具も組み立てる前に塗装するものから、仮組してからするもの、最終的に組み上げてから仕上げ塗装するものと、そこも複雑に分かれてくるので、工程管理が一番大変だとのことでした。塗ってゆく順番に家具や材料を並べて、次の順番が来るまでに乾燥させるシステムを組むとのことでした。

こちらは工場の片隅に置かれていた塗料と調色用の塗料です。色も素地である木材に色を付ける場合と、上に重ねてゆくウレタン層に色を付ける方法があるそうで、透明度やツヤの度合い、色の奥深さなどを検討しながら設計者に提案してゆくそうです。

こちらが、それぞれの塗料やウレタンなどを吹くためのスプレーガンです。

最初の写真で、工場長が吹いていたのがこちらです。家具扉の下地となるMDF(中密度繊維板)はそのままでは塗料を吸い過ぎてしまうので、目止めとしてサンディングシーラー材(プライマー材を吹き付けるそうです。同じサイズの材料を塗装してゆくのであれば、工場でも簡単に作業ができるそうですが、サイズや形もマチマチで、工程も微妙に違っている特殊な塗装をすることが多いので、やはり人力が一番とのことでした。

こちらがそのサンディング材です。MDF材専用のサンディング材があることも知りませんでした…。

塗装でもう一つ重要なポイントは養生とのことでした。必要な箇所は仕上げてゆきますが、不要な箇所は塗る必要がありません。仕上げるには塗る作業だけではなく、塗り重ねた塗料を削る作業もあるので、塗装が載るべき箇所以外をきちんと養生してゆくことも大変な作業だとのことでした。

こちらは建具の枠材に使う幅4センチほどの細い材料ですが、組み立てると他の大きな面積の材と並んで見えるので、きちんと養生しながら必要か所を仕上げてきたそうです。因みにこちらは、突板大手の北三の人工黒檀材のワンダーコクタンを突いて貰ったものです。

ワンダーコクタンの塗装前の段階では、このような柄と色味になっていますが、小さな部材では分かりにくいですが、仕上げてゆくことでグンと高級感が出てくることを再認識することができました。
因みに、黒く仕上げる扉材に使う家具用のスライド丁番は、この写真のような黒い丁番を使ってくれるそうです。

こちらは、R邸の主寝室で使う天然ものの黒檀突板を鏡面塗装に仕上げる途中の様子です。こちらの材料は僕らが特殊な突板をお願いする際の定番の山一商店さんから入れて貰ったものです。やはり大きな柄と歪んだところなどが天然モノならではの迫力でした。

こちらは主寝室の書斎コーナーに作って貰っている、鉄製の本棚のディテールです。

溶接跡が見えてしまうと鉄のシャープさが鈍ってしまうので、扉付きの収納が入る部分や、壁の後ろに隠れてしまう箇所で溶接してもらい、ある程度組み上げた状態から塗装で仕上げてゆくとのことでした。

今回の塗装工場の見学は、港区R邸のうちの担当スタッフの前田君も一緒で、案内してくれたニシザキ工芸の野田さんと上野さんは、港区R邸を見てくれているので、見学最中にも細かい箇所の取り合いなどの打ち合わせになっていました。

最後の幾枚かの写真は、塗装工場の設備で見たことがないものをご紹介します。東京都江東区三好に工場があるのですが、今このエリアはブルーボトルコーヒーを始め、オシャレショップが沢山集まってきており、塗装で発生する臭い対策が重要とのことでした。塗装中に埃が舞わないことも併せて、この一枚のパネルの背部に大容量の排気用フードが隠されているとのことでした。

黒い箱の奥に金属製のクロスが見えているのは、荷物専用の昇降機です。1階と2階の塗装工場と3階の倉庫の間を、家具はこれを使って行き来するそうです。因みに、この写真の手前に積まれている材料も、皆港区R邸の素材でした。ウォールナットのルーバー状のものは、ご家族用トイレの手洗いカウンター下の扉材です。

忙しい中、丁寧に分からないところまで説明しながら案内して下さった、野田さん(中央)と上野さんとの記念写真です。

最後のこちらは、オマケです。ニシザキ工芸本社の打ち合わせ室横にあるショールームのキッチンです。和のテイストも加えた、ユニークな作りで、造作家具屋ならではの細かく工夫も沢山あり、とても興味深い造りとなっていました。

ページトップへ戻る