Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

書庫に本が詰まった六本木N邸再訪

六本木N邸

約2年前に竣工お引渡しをした六本木N邸に、本当に2年ぶりにお邪魔して参りました。

一年点検の時期にあたる昨年にもご連絡をしておりましたが、Nさまとのご都合が合わずスルーすることになってしまい、昨年末にはホームオートメーションシステムの不具合や、寝室ヘッドボードの照明のことなどでご相談を頂いておりましたが、なかなかタイミングが合わずこの時期になってしまいました。

住宅内のプライベート書庫

弊社の担当スタッフの竹田さんと施工をお願いしたリフォームキューの岩波さん、そして家具でお世話になったYPOの廣瀬さん、バング&オルフセン六本木店の村瀬さんと一緒に伺いましたが、まず最初に感動したのがこちらの書庫でした!

住宅内のプライベート図書館

本が沢山あるとの奥さまからご要望でご提案した書庫ですが、当初はご主人さまはそこまで立派なものは必要ないし、ガラス張りにしても整理することができないとのお話でしたが、奥さまが本当に頑張ってここまで整理して下さったとのことで、今は使い勝手も良くお二人ともかっこよい書庫を作って本当に良かったと喜んでくださっていました。

住宅内のプライベート書庫

廊下側から見ると、スタイリッシュな書店のように表紙を見せる陳列棚を作ったのも良かったそうで、これがあることで全体が纏まって見えるとのお話でした。

感動してしばし撮影させて頂きましたが、その後はご自宅の不具合を確認しながら、必要か所を補修点検してゆきました。B&O六本木の村瀬さんには、ホームオートメーションシステムのクレストロンが勝手にアップデートしてしまったことで、使えなくなった機能があったとのことを修正してもらいました。

寝室枕元照明の補修工事

造作で作ったベッドのヘッドボードに取り付けていた照明の不具合は、YPOに調整して貰いました。ベッドの足元のベンチ状の家具も、その後に特注で作って貰っていたもので、ちょうどよいタイミングだったので本日搬入設置させて頂きました。

ミノッティソファのクッション空気入れ@六本木N邸

いつもご主人さまが座っているミノッティのソファの座面がヘタって来てしまっているとのことでしたので、各務がクッションカバーのファスナーを開けて、以前ミノッティの早坂さんに教わった空気を廻し込む叩き方を実践して、手入れさせて頂きました。

六本木N邸のダイニング周囲

こちらはお引渡し後に納品させて頂いたリミテッドエディション(マナトレーディング)のレザー製ラグとフレックスフォルムの大理石テーブルと、インテリアズのチェア・ガルダを組み合わせたダイニングの様子です。
お引渡しから2年の月日が経っていることを忘れてしまうほど、きれいにお住いのお宅の様子を拝見して、一同本当に感動してしまいました!当日、新たに幾つかの補修依頼を受けましたので、後日そちらの補修にも伺わせて頂くことになりました。

ページトップへ戻る