Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

アレキサンダーラモントのパネル張り&造作家具組立

港区R邸

造作家具の組み立て設置が続いている港区R邸の現場状況を引き続き案内いたします。

リビング柱型裏のワインセラーコーナーの造作

先回のブログで、オニキスを張った柱型の側面にワインセラーコーナーが着々と組み立てられています。

パネルを張る前のリビング柱型

ワインセラーの背面側はタイにオーダーした特殊パネル待ちの段階まで仕上がっていました。

アレキサンダーラモントのストローマルケタリーパネル

ちょうどよいタイミング(そのタイミング調整も現場監督の大事な役目ですが)でお願いしていた、その特殊パネル、アレキサンダーラモントのストローマルケタリーパネルが現場に届きました。

アレキサンダーラモントのストローマルケタリーパネルの原材料のライ麦

ストローマルケタリー(Straw Marquetry(麦ワラの寄木細工))とは左のライ麦の茎を一本一本手で割いて、アイロンで伸ばしたものを天然由来の染色剤で染めて、それを一枚づつ手で加工して、放射状に張り付けるという気の遠くなるような作業を経て完成するパネルです。

港区R邸柱型の四周展開図

この柱型については、当初こちら側でこのような展開スケッチ図を描きました。これをベースにアレキサンダーラモントの日本側代理店のエルクリエーションに見積をお願いして、お客さまのご承認を貰ったうえで、施工図を描き起こして貰いました。

 

アレキサンダーラモントのストローマルケタリーパネル承認図

タイのアレキサンダーラモント側で描き起こしてくれた承認図です。これを設計デザインの僕らと、施工のリフォームキューで幾度かチェック確認、寸法変更などをしたうえで、最終承認して発注したものが、先のパネルです。

アレキサンダーラモントのストローマルケタリーパネル

パネルの取付は、思いのほか早く、他の作業を見ている間に、あっという間に張り終わっておりました…。

オニキスが2枚張られた港区R邸のリビングダイニング

オニキスとアレキサンダラモントの2大高級素材で張り分けられた柱型の様子です。それぞれの枠を黒色で統一したので、それぞれの素材が別々に主張せずに、とても良い感じに仕上がってきました。

TV壁横の柱型を抱き込んだAV機器収納の造作

その他の家具の組み立ても順調に進んでいます。テレビ壁の横のAV機器収納棚は、真鍮目地棒が入って、あとは扉とスティッチ入りのレザーパネルを張り付けるだけのところまで組み上がってきました。

組み立て途中の造作家具の真鍮見切り

部分的にオープン棚が入ったり、扉付きの収納が入るので、真鍮の目地棒の組み立て順が大変だったとのことです。

レザーパネルを取り付けてゆくと…、

レザーパネルが入ったAV造作収納棚

このように仕上がりました!
パネル割を工夫して、後ろに柱型があることをカモフラージュしています。

スティッチ入りレザーパネルと真鍮目地のディテール

スティッチ入りのレザーパネルと真鍮の目地棒のディテールもとてもきれいに仕上がりました。

このブログの最初で紹介したワインコーナーもここまで仕上がってきました。クオーツストーン製のカウンター上はカラーガラスで仕上げていますが、最後のコーキングと扉付けが終われば、このコーナーは完成です。

御影石のカウンターを組み込んだキッチンのペニンシュラ型カウンター

キッチンのオープンカウンター下の艶消しのカラーガラス(マテラック)と間接照明も入りました。

スチール製の棚を取り付けた寝室書斎コーナー家具

主寝室の書斎コーナーの造作家具もそれぞれの扉が取り付けられて完成です。

ベッドを置くニッチ部分も石製の腰壁上のレザーパネルが入り、完成です。ベッドの両袖の再度テーブルはオリジナルで作りましたが、それも大理石の甲板がつけば完成となります。

 

壁掛けテレビと両サイドの金属パネル

ベッドのちょうど反対側の壁にテレビを埋め込んだ様子です。

ベッドが入った際の枕元の位置から、テレビ埋込の壁を見たアングルです。テレビ下に見えている配線類は、ちょうど床に置かれているカバーで隠す算段となっています。

ミラーとカラーガラスと大理石の腰壁とテレビを組み込んだ主寝室の壁デザイン

撮影した時期が前後してしまっていますが、主寝室の入り口側からテレビ壁を見返した様子です。姿見の鏡とカラーガラス、その奥に金属パネルや大理石の腰壁が続くことで、不思議な奥行感が出てきました。

 

 

ページトップへ戻る