Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

新プロジェクト:渋谷区Q邸

渋谷区Q邸

渋谷区の大型ヴィンテージマンションのリノベーションプロジェクトがスタートします。 バブル全盛期の1990年代初頭に、ゆとりある敷地に建てられた低層のヴィンテージマンションで、ご相談を頂きましたQさまのお部屋も180平米超えの大きなお部屋です。緑がふんだんに見える大きな窓や、壁のマントルピースが印象的なリビングダイニング空間でした。

松濤の大型マンションリノベーション

これまでご一緒に暮らしていらしたお子さまたちが独立することになったとのことで、ご夫妻二人でのこれからの生活を考えて、不要になった子ども部屋をウォークインクローゼットにしたり、2セットあった水回りを整理し、古くなってきたキッチンを最新設備に交換なさりたいとのご希望でした。

リビング天井を見上げると、カーブ窓に合わせてこのような優美な折り上げ天井がありました。窓際にもカーブ形状のエアコン吹き出し口が設けられていました。とてもきれいな 折り上げ天井なので、是非残して再活用したいと考えています。

松濤の大型マンションリノベーション

リビングから少しクランクした箇所にあるダイニングスペースです。窓からは都心とは思えないほど緑あふれる景色が広がっていました。このダイニングスペースの左横にクローズド型のキッチンが繋がっています。

松濤の大型マンションリノベーション

米国製大型オーブン付きのガスコンロ、マジックシェフが中央に鎮座し、シンクは二槽式で、キッチンカウンター高さはコンロに合わせて900ミリ、更に背面収納との通路幅は1200ミリと外国人仕様の作りとなっていました。
お客さま曰く、「互いに、料理番を押し付けあっている」お二人とのことですが、最新鋭のキッチンにすれば、相手がもっと料理をやってくれるのではないかという目論見がある (笑) ようで、もっと開放的で明るいキッチンになさりたいとのお話でした!

松濤の大型マンションリノベーション

水回りは、贅沢にも白い大理石のビアンコカラーラを床壁に張り回した内装となっています。床暖房も入れてあるので、寒いことはなかったそうですが、目地部分から大理石に水が沁み込んで、汚れのようになったシミが気になるとのお話しでした。また、以前のオーナーの時に、壁目地からの水沁みを防ぐために、目地部分はビニール製の黒いシール材に打ち替わっていたそうですが、それがあまりお好きではないとのことも伺っております。

松濤の大型マンションリノベーション

廊下はヴィンテージマンションらしく、木材ふんだんに使った重厚な扉と枠のセットが並んでいました。とても良い作りなので、塗装で色を変えて再利用することができればと考えています。

松濤の大型マンションリノベーション

寝室は、お子さまたちとご夫妻用の部屋が並んだレイアウトとなっていました。これまでご夫妻が使っていたこのお部屋が、唯一窓から隣家が見えてしまうとのことで、このお部屋をウォークインクローゼットに変えて、真ん中のお部屋を主寝室にしてはどうかとご提案致しました。

松濤の大型マンションリノベーション

玄関ホールは長細い形状で、共用部分の廊下が続いているようで ちょっと間延びしているので、必要な収納を考えながら、デザイン的に纏めてゆく工夫が必要になりそうです。

松濤の大型マンションリノベーション

今回何より難しそうなのが、設備関係の刷新工事になりそうです。こちらはキッチンにあるスイッチ類ですが、パッと見ても何はなにのスイッチなのか判りません。

松濤の大型マンションリノベーション

こちらは分電盤ではなく、やはりキッチン収納奥に隠されている照明関係のリレースイッチや床暖房関連の設備盤のようです…。

現場だけを闇雲に見ても、床下や天井裏のこと、どこまでが解体できるのか等は分かりませんので、お客さまにお願いして、事前にマンション管理事務所が保管している竣工時の青焼き図を撮影させて貰いました。各図面をマーカーで色分けしながら分析した上で、当日の現調に臨んでいます。

最初から気になっていた水回りについては、一段下がったコンクリートスラブ上で排水管が横引きされており、横引き管はシンダーコンクート内に埋設されているようでした。先ほどの平面図とこの詳細断面図を見ると、シンダーコンクリートの斫りという面倒な解体工事を行えば、ある程度の水回り設備の移設が可能だということが事前に分かっておりました。

既存図の中には、このような床構成が判る断面詳細図もありました。水回りでは、横引きの排水管が埋設されたシンダーコンクリートの上に、断熱のスタイロフォームが敷かれ、その上に床暖房の銅管がまた別のシンダーコン(軽量コンクリート)に埋め込まれ、その上に大理石の床材が敷かれているという、ご丁寧な施工となっていることが判りました。

最初に弊社事務所での初回面談でのヒアリングに、そして図面を分析した上で、現調当日にはリフォーム計画を2案持って伺いました。キッチンの構成、水回りの使い勝手、そして主寝室とWIC(ウォークイン・クローゼット)の考え方などを、僕らなりに纏めたものでした。どちらの案も、とても興味深いと喜んで頂きましたが、やはり細かい部分では色々と微修正したいとのことでした。 その後も、メールのやり取りなどでリクエストを伺ったうえで、水回りのレイアウト変更案を3つほどご提示したところ、まずは僕らを設計パートナーして、今後のリフォーム計画を進めてゆきたいとのご意向を示して下さりました。

松濤の大型マンションリノベーション

本当に良いものを沢山知っていらっしゃるQさまご夫妻とご一緒での大型のヴィンテージマンションの全面リノベーション、僕らにとってもやりがいがあるとても刺激的なお仕事になりそうでワクワクしております。どうぞ今後とも宜しくお願い致します!

ページトップへ戻る