Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ハイブランド家具屋巡り-3@代々木I邸

代々木I邸

代々木I邸のお客さまとのハイブランド家具のショールーム行脚が続きます。ここまでは、僕が良く採用させて頂いてきたイタリアの高級家具が中心でしたが、これまでの傾向から、もう少し違った雰囲気の家具もお好きなのではと感じて、すこし趣向を変えております。

最初に伺ったのは銀座のアルマーニ・カーザです。こちらもイタリアの家具ですが、家具主体の家具屋がデザインしたものではなく、ご存じイタリアンアパレル界の重鎮、ジョルジオ・アルマーニ氏が自分用にデザインした家具を販売するスタイルとなっています。

Iさまはアルマーニの洋服も数多く持っていらっしゃるとのこと、ショールームに入った最初からこの世界観がとても好きだと言ってくださいました。

特に、このファブリックのライブラリーは、どの生地にもインスピレーションを感じるととても喜んでくださいました。

一つ一つのファブリックを手に取りながら、どこにどのようなものを使えるか、ここにいるだけで一日中想像していることができると仰ってくださいました。

こちらの椅子やその他の家具についても、どれも素敵なので、幾つかをこの場で購入して、その使い道は後で考えて欲しいとまで言って頂きましたが、まだ家具ショールーム巡りの最初の段階なので、もう少し待って欲しいとこちらからストップを掛けさせて頂きました。

次に伺ったのは、イギリス系のハイブランド家具を集めているオーセンテリア(旧サロン ドゥ ファヴォリ)の青山ショールームです。

こちらには、大理石製のマントルピースのチェズニーや、

スタイリッシュなイタリア製ハイブランド家具のトム・フォークナなどを扱っています。この幾何学的で不思議な脚のテーブルは、多様な金属塗装で仕上げを変えることができるそうです。

このような脚の仕上げのパレット、3つを見せて頂きました。

テーブルの天板も多様な大理石が可能とのことで、まずはショールームに在庫してある天然大理石を見せて頂きました。

こちらは青山のマンションの一室にあるショールームなのですが、レーリング装飾と塗装でとてもシックに纏められており、ショールーム空間の雰囲気もとても好きだとIさまが気にいってくださったようです(この写真はまだファボリの頃の物です…)。

この日の最後は、イタリアの高級家具ではありますが、これまであまり採用の事例がなかったポルトローナフラウでした。

Iさまが大好きな素材でもあるレザーが得意なハイブランド家具で、ショールームに置かれている家具のほとんどにレザーが使われています。

このアーチボルトという椅子は大振りなイメージなのですが、座ってみると包まれるような座り心地なので、Iさまにも座って体感して頂きました。
ここまでそれなりの数の家具ショールーム巡りをしてきて、なんとなくIさまのテイストが分かってきた気がして参りました。ここまでのお付き合い、どうもありがとうございます。