ショールーム見学記 エ インテリアズ

ショールーム見学記 エ インテリアズ

大好きな家具・インテリアデザイナーのピエロ・リッソーニの家具を大きくフィーチャーした、デザイン家具のセレクトショップ、è interiors(エ インテリアズ)の青山ショールームを、神戸のマンションリフォームプロジェクトのお施主様Mさまと一緒に訪問して参りました。

エインテリアーズ 青山ショールーム

地下の展示は住宅スタイルのショールームです。リッソーニの家具を主体に、アジアンやモダンな小物やアートを混ぜた、モダンとエスニックを適度に混ぜたエクレクティック(折衷)スタイルが何とも気持ち良い空間になっています。神戸のM邸リノベーションプロジェクトともサイズ・規模が似ているので、家具のサイズや雰囲気も参考になります。

einteteriorsショールーム

こちらはベッドルームのインテリア提案です。アクセントクロスや、緑色に染められたアンティークのラグが印象的なシックな空間でした。

エインテリアーズの青山ショールーム

1階はカトリーヌ・メミのコレクションがメインに展示されています。カッシーナで扱っていた時は、黒と白のコントラストが印象的なメミのデザインでしたが、新しい家具はちょっとスモークが掛かったような木生地が多く使われており、僕らが設計する空間にも上手くマッチしそうでした。

カトリーヌ・メミをフィーチャーしたショールーム

窓の外に見えているのが根津美術館という、青山の絶好の位置にあるショールームで、一歩建物の中に入ると、空調が適度に効いた、センス良い空間に、思わずリラックスしてしまい、長居してしまいそうです。この写真のソファーの左右のスタンド照明を、神戸M邸のリビングにもご提案しようかと検討中です。黒い壁をバックに飾られている布施典子さんのアート作品も素敵です。

エインテリアーズショールームをお施主様と訪問

こちらには、以前一度お邪魔したことがあり、家具だけでなく、アートや照明、小物までセンスが行き届いたショールームがとても魅力的だったので、照明や小物などの研究・勉強も兼ねてMさまたちにご同行お願いしました。

エ・インテリアーズのショールーム

最後は、2階のショールームです。こちらは、特定のデザイナー・メーカーというより、エ インテリアズのセンスでコーディネートされた空間といったイメージです。より大胆な大柄の照明器具や、僕等では提案するのに戸惑ってしまいそうなポップな家具やクラッシックなシルエットの家具、大胆な彫刻的置物などをミックステイストでアレンジしていて、こちらも魅力的な空間でした。
本日は、前年ながらMさまのお嬢様Kちゃんが、眠たくなってグズッてしまったので、ゆっくりできませんでしたが、また、家具・アートや小物などを探しに再訪したいと思っています。

タグ

2012年07月25日 ショールーム見学記 エ インテリアズ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 神戸M邸


»
«