新築マンションリノベーションプロジェクト六本木N邸

新築マンションリノベーションプロジェクト六本木N邸

新しいプロジェクトがスタートします。六本木の新築マンションリノベーションN邸です。183平米の大型新築マンションを洋服と本を沢山お持ちのお二人の為に全面リノベーションする計画を練ってゆくことになりました。

131009roppongiN_start-4

ウェブマガジン家の時間の連載コラム「建築家リフォーム」 を奥さまが目に留めてくださったそうで、新築マンションでもリノベーションが可能かのご連絡を頂きました。

131009roppongiN_start-1

新築マンションの難しさは、「まだ新しい設備や建材を、(自分のわがままの為に)一度も使っていないのに壊せるか」という心理的なバリアにどう対処するかだと思っていますが、Nさまご夫妻は、これまで自分たちが住みたくなるようなマンション物件をずっと探してきた結果、この新築マンションにたどり着いたとのことで、中古でなかったのは仕方がないが、壊さないと希望の間取りにできないことは判って購入しているので、その問題はないとのことでした。
写真の大型キッチンは、完全にリビングダイニングからオープンで、閉じたクローズド・キッチンがお好きな奥さまが、このままでは困ってしまう事は良く判りました。

131009roppongiN_start-2

高級マンションらしくツインシンクがついた洗面所ですが、実測してみると、カウンターの奥行きが狭く、メディスン・キャビネットの収納量も少なく、何よりお二人がそれぞれ別の洗面所と浴室(奥さま用)とシャワー(ご主人用)を使いたとのご要望には、全く則していませんでした。

131009roppongiN_start-3

最初に掲載したリフォーム平面図案は、実はお施主さまのご要望を伺っていない段階で、自分の妄想(?)で作ってみた間取り図です。最初にご要望を聞いてからプランを練り出すより、スムーズにリフォーム設計案が作れるので、この頃よく使っている変則的な手法です。現地を調査させて頂きながら、まずこのプランをお見せして、リフォームにどのような可能性があるマンションなのかをご説明させて頂きました。
結果、お二人が想像していた以上の可能性がありそうだとのことで、これから先打合 せを重ねて、プランも練ってゆくことになりました。

131009roppongiN_start-5

貰っていた間取り図では判らない個所も多かったので、打合せのあとに鍵をお借りして、スタッフの竹田さんと居残って、実測調査をさせて頂きました。
予算もこちらがご提示し程度の費用は確保してくださるそうで、またスケジュール的には余裕を持って考えてくださるとのこと、とても楽しく、ワクワクするプロジェクトになりそうです。Nさまご夫妻、どうぞこれからもよろしくお願いいたします!(家の時間の連載記事、ここまで44回頑張ってきたかいがありました…)

完成後の六本木N邸リノベーションの様子もどうぞご覧ください。

タグ

2013年10月09日 新築マンションリノベーションプロジェクト六本木N邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 六本木N邸


»
«