Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

床タイル探し@南麻布S邸

南麻布S邸

南麻布の大型マンションリノベーションS邸では、リビング・ダイニグングの床をタイルのボーダー+中央にフローリングを張ることとなっています。

140709advan-1

遮音下地や床暖房との相性、そして床仕上げの全体の厚みなどを考慮して、大理石調のタイルを使うことになり、原宿のアドヴァン・ショールームに伺って参りました。

140709advan-2

アドヴァンには大理石も豊富にそろえているので、タイルと比べて、それぞれのメリット・デメリットをご説明したうえで、大理石調タイルを見比べてさせて貰いました。床フローリングの候補の材料と並べて、そのマッチングも確認しています。

140709advan-4

印刷技術が進んだことで、プロが間近で見ても本物と間違えそうなほど大理石模様のプリント技術が進化しています。ちょっと人気の大理石は、すぐに良い柄が無くなってしまうので、却って大理石調タイルの方が安定した製品が見つかるという設計者もいるそうですが、妙に納得してしまいました。

140709advan-3

アドバンショールームの一角を借りて、お施主さまご夫妻とリフォームキューの石原さん、森井さんと一緒に、まだ決まっていないデザインや材料の使い方などについてのお打合せをさせて頂きました。

140709advan-5

アドヴァンでは一つ良いタイルが見つかりましたが、それだけでは心細いので、他社のショールームも幾つかを廻らせて貰いました。こちらはリクシル系列のダイナワンの大理石調タイルです。

140709advan-6

こちらは、僕らの事務所のご近所にあるコンフォート社の輸入タイルです。実は各社それぞれ、厚みやサイズがマチマチで、ミックスして使うことは難しいのです…。幸いにはそれぞれの建材屋さんで良さそなタイルが見つかったので、サンプルを持ち帰って、次回の打ち合わせで見比べながら、どの色のタイルをどこに使うかを打合せさせて頂くことになりました。

 

 

ページトップへ戻る