未成工事と補修工事

未成工事と補修工事

六本木T邸に未成工事と補修工事で伺って参りました。

金庫設置

未成工事として1つは、震災の影響で搬入が一月以上遅れた金庫の設置です。大人3人でようやく持ち上がる重たい金庫を、マニュアルに従って開錠し、内部から底板を貫通させて床に固定してきました。勿論、後日お施主様が新しいキー番号を設置すれば、僕らには開錠できなくなります。

テレビのインターネット接続

こちらは、テレビとアンプを共にインターネット接続している様子です。金庫に比べれば軽いテレビですが、なかなか背部の取付け金物と上手くはまらず、結構大変な作業になりました。テレビでyoutubeを楽しんだり、ラジオで世界中のFMを楽しめることを初めて知りました。

照明のシューティング

まだ照明のきちんとしたシューティングができていなかったので、照明デザイナーの三橋さんに調整して貰いました。使い勝手を考えながら、細かく角度を調整する姿勢には、いつも感心してしまいます。

揺れにより壁塗装にヒビが入っていた個所の補修中です。まず周りの壁と床を養生し手から、ヒビはカッターで大きくカットし、割れ目に沿ってコークボンドを注入後、パテ処理して上塗り塗装します。小さなヒビでもそれなりの補修が必要になります。

インテリアアート交換

こちらはアートの交換です。先日の打合せでの決定に従って、ちょっと陰気に感じた黒いコラージュ作品を同じ作家の白っぽいコラージュ作品と交換しました。額は白木で作って貰いました。また、お施主様が気分によって架け替えたいとのご希望で、赤っぽい作品も納入することになりました。

ギターコレクションの展示

最後に、お施主様の暮らしぶりを少しだけ紹介します。書斎に作ったガラス棚は、演奏者でもコレクターであるクラッシックギターを展示用でした。湿気で音色が変わってしまうので、ガラス扉と棚内部の加湿器で湿度をコントロールするそうです。

タグ

2011年05月13日 未成工事と補修工事 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 六本木T邸


»
«