クライアントのご自宅訪問 二題

クライアントのご自宅訪問 二題

本日は現在マンションリフォームをご依頼されているクライアントお二方のご自宅に打合せで伺って参りました。全くの無関係のお二人ですが、奇しくもお二人から依頼されたマンションが同じ六本木のマンションでした。

午前中にお目に掛かったのは、先週ご連絡を頂いたばかりのFさまです。まずは、現在以前の持ち主が居住中のリフォーム予定の現地を拝見させていただきました。ほぼ全てを解体して、スケルトン状態に戻してからのリフォームなので、主に設備のレイアウトと柱と貼りの関係、窓の大きさなどを簡単に調査致しました。

現調の後は、現在クライアントのFさまが住んでいらっしゃる南平台のハイグレードマンションに伺って、打合せをして参りました。リビングは黒い石の床に、カッシーナやアルフレックスの高級家具並べられた、すっきりモダンな空間でした。

書斎やベッドルームは、ホワイトオークの無垢材のフローリングにあわせ、特注で作った作り付けの本棚や木張りの壁が印象的なお部屋でした。まだ築二年の比較的新しいマンションで、とてもきれいに暮らしていらっしゃいましたが、地理的な問題で、六本木に引っ越すことを決められたそうです。

午後に伺ったのは同じマンションの上層階を購入して、リフォーム予定のTさまです。窓から東京タワーが麓まで見渡せる、素晴らしい景観の虎ノ門の大型マンションにお住まいのTさまのお宅では、リフォーム計画での間取りの変更点の説明や、家具インテリアの提案シートを作成したので、その打合せをして参りました。

こちらがその家具提案シートです。特注のスチール製食卓や、納期に三ヶ月以上も掛かるイタリア製の高級家具、それらの色味や素材感も合わせて、4つの提案を作って、ご説明してきました。どちらのマンションも普段は入ることが出来ないセキュリティーの高い超高級マンションで、ロビーの作りやインテリアの考え方などだけを拝見してきただけでも、色々と勉強になりました。

タグ

2010年07月05日 クライアントのご自宅訪問 二題 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 六本木F邸 六本木T邸


»
«