雑誌「都心に住む」の取材@白金台S邸

雑誌「都心に住む」の取材@白金台S邸

これまでも幾度か掲載してもらったことがある、リクルート社の雑誌「都心に住む」がヴィンテージマンションと管理についての取材したいとのことで、白金台S邸のSさまご夫妻にご協力頂きました。

管理についての記事とのことで、管理会社の担当者にも立ち会っていただき、管理側のどのような取り組みが、住み心地にどのような形で影響するのかを、興味深く聞かせて頂きました。左から時計まわりで、Sさまのおくさま、リクルート社の木津さん、管理会社のHさま、以前の取材でもお世話になったライターの森さん、カメラマンの相馬さん、そしてSさまです。

  • 中規模のマンションであることで、管理人と住人が顔見知りになっていること、
  • 宅急便やリフォーム工事業者に厳しいルールを設けていることで得られる安心感、
  • ゴミ出しなどの小さな用事もインターフォンで受け付けてくれる便利さ、など

細かいことの積み重ねが快適な住み心地に影響することが良く理解できました。

こちらは、取材後に撮影している、カメラマンの相馬ミナさんです。

いつも取材に快くご協力してくださるSさまご夫妻、本日もどうもありがとうございました。

タグ

2011年02月07日 雑誌「都心に住む」の取材@白金台S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 白金台S邸


»
«