Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

大規模修繕工事に伴ってのベランダウッドデッキ撤去工事

白金台S邸

約8年前にマンションリノベーションのお手伝いをした白金台S邸のお客さまから、この度マンションが大規模修繕工事をすることになり、管理組合からベランダのウッドデッキと植栽を一時撤去して欲しいとの依頼があったとの相談を承りました。

マンションには大規模修繕工事はつきもので、ベランダには防水工事のやり直しなどがあることは、当初から考えていましたので、大きく張ってあるウッドデッキも実は4枚か5枚ずつに分割されており、大人二人で軽く運べる重さにしてあったり、下地となっている大引きも簡単に取り外せるようなシステムとしていました。

こちらが計画時に作っていたバルコニーの図面です。ウッドデッキ材は材の比重が分かっているので、使っているウッドデッキのサイズと枚数、下で支えている根太のサイズまでの重量を計算していました。

取り外す前はこのような状況になっていました。中央部分は、避難経路として下階への避難ハッチがあるので、よけてウッドデッキを張っていました。

そのウッドデッキの横には、園芸会社と相談して設置してら貰った植栽がこのように伸びていました。この写真の正面左手にはルーバー上の木製衝立(ついたて)がありましたが、これも既存の手すりにクランプで取り付けるシステムで考えていたので、取り外しが容易にできるようになっていました。

リノベーション工事をお願いした青の片岡さんと樋口さんに見積りをお願いした上で、金額的にも問題ないとのSさまご夫妻の了承を得て、ウッドデッキと植栽の取り外し工事を行いました。

プランターに入っていた植栽をまず撤去して、それから順次ウッドデッキと大引きを外してゆきました。

室内もこのように家具をずらして、搬出用の通路を作り、ブルーシートでしっかり養生しながらの作業となりました。

大きく育っていたシンボルツリーについては、最後にお願いした植栽屋さんに大きく刈り込んでもらい、枝を縛って運び出してもらいました。

こちらが植栽屋さんのトラックに積まれた植栽類です。大規模修繕工事が4か月以上続く予定なので、一度植栽屋さんの敷地に植え込んでもらい、水をやりながら世話をしてもらう費用、そして工事完了後に再設置してもらう費用まで考えてもらいました。ウッドデッキについては、これを機に傷んでいた箇所は部材を交換して、保護塗料の再塗布までお願いしています。

こちらがすべての撤去が終わったベランダの様子です。水拭きまでしてくれたので、本当にきれいさっぱりになりました。マンションは、戸建て住宅とは違い、居住者で作る管理組合の考えで大規模修繕などが行われるので、専有使用権のある共有部であるベランダなどの作りこみは、補修やメンテナンスに備えて、後日容易に取り外せるような工夫が必要なことを再認識致しました。

 

 

 

ページトップへ戻る