床暖房と三層フローリング

床暖房と三層フローリング

白金台の高級マンションリノベーションの現場は、設計者がお盆休みを満喫していた間も、着実に進んでいます。ちょうどお盆前までに、床暖房の敷設が終了いたしました。

今回採用したのは、リノベーション前から使われていた、東京ガスのTESシステムです。TESはパネル方式の敷設なので、細かい部分の融通が利かない、不便もありますが、工事時間の短縮と、システムの簡略化を目指しての採用です。

マンションリフォーム 床暖房

因みに、新設の床暖房では、手間は掛かりますが、架橋ポリエチレンパイプと発泡スチロールの組み合わせの床暖システムを使うケースが多いです。この方法であれば、細かい部分にも床暖房が敷設できる便利さがありますが、同時に時間が掛かるので今回は採用できませんでした。

特注のパネルの製作も意外と簡単かつ安価に出来るのですが、既成のパネルをきちんとレイアウトした方が、やはり簡易で安価なので、その方針で進めました。広いリビングなので、壁付けのコンセントだけでは不足なので、床付けコンセントも使うことになり、その位置を上手く避けながら、パネルレイアウトを行いました。

お盆があけて、フローリング張りが開始されました。張るに当たっては、何を基準にどの位置から張り始めるのか、
そしてどのくらいずつずらしながら張るのかを、工務店の現場担当者の樋口さんと打ち合わせました。

基準ラインは、広いリビングに取るのではなく、玄関入って直ぐの玄関ホールに取ることとしました。広い部屋では気にならない半端寸法でも、狭い部屋では気になってくるので、このように指定しました。また、ずらし方も無駄が少ない1/3方式としています。

マンションリフォーム 三層フローリング張り

フローリングは、スカンジナビアンフローリングの三層フローリングです。低温床暖房との相性が良く、精度も高く、何よりも広幅で美しいので、最近の事務所の定番となっています。

189ミリの広幅は、広いリビングをより広く見せ、厚さ4ミリのオーク(ナラ)無節の表面材は、無垢といってもおかしくない重厚な仕上げ感です。仕上げもホワイトオイルとなっているので、一般的なウレタン仕上と比較すると、肌触りも自然な感じで、とても美しい仕上げです。

ちょうど本日から張り始めとなりましたが、大工さんたちももフローリングの精度の良さには、感心しているようでした。

タグ

2009年08月18日 床暖房と三層フローリング はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 白金台S邸


»
«