別荘らしいキッチン 軽井沢中古別荘リフォーム-11

別荘らしいキッチン 軽井沢中古別荘リフォーム-11

「別荘らしいキッチン」とはどんなキッチンなのでしょうか?答えは幾通りもあると思いますが、考える際のヒントは、「都心の本宅のキッチン」にあると考えています。別荘は、都内の住宅の裏返しの面があるのです。都内で普段暮らす住宅で叶わなかった夢を別荘で実現したいというご要望が多いのです。
都内の住宅のキッチンが大きければ、別荘のキッチンはコンパクトでハンディーで整理が簡単な方が良く、反対に小さなキッチンで我慢していたのであれば、別荘には大きなキッチンが欲しくなるという補完関係があるようです。軽井沢Y山荘の場合、都内のお住いは、渋谷区の便利な場所にある代りに、面積が限られ、特にキッチンに不便を感じていらっしゃいました。

軽井沢別荘の大型アイランドキッチン

そこで、こちらのキッチンは思い切って大きく、開放的なものとなっています。大判の特注ステンレスカウンターのアイランドキッチンに、レンジフードの位置を考え、壁面に引っ込めた形でガスレンジカウンターを設けています。

ステンレス張りのアイランドキッチン詳細

グルリと周れて、お子様が手伝え、友達やご両親と一緒に調理が楽しめる、超開放的でノビノビとしたキッチンが完成しました。冷蔵庫や、電子レンジ等の機器はレンジ横の引戸収納の内部に収納できるようになっています。

タグ

2007年01月17日 別荘らしいキッチン 軽井沢中古別荘リフォーム-11 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 軽井沢Y邸


»
«