「マンションリフォーム」のアーカイブ

大理石とラインストーンの壁張り分け@麻布台M邸

麻布台M邸のリビングと書斎を間仕切る大理石張りの壁ができてきました。

大理石の石種は、モナコグレーです。うちの事務所では、グリジオ・ビリエミ(ムルシア・ブラウン)という石種を比較的良く使ってきたのですが、この大理石がどこの石材屋にもほとんどないとのことで、似たような石種で探してもらったものが、このモナコグレーです。スラブ材と呼ばれる大判の板材から、壁のサイズに合わせて切り出してもらったものです。

この壁を左側に周ると、引き戸を入れるスリットがあり、その先にも大理石壁が続いています。

その先には、廊下側から書斎へと入る扉の枠材があり、そこで大理石が止まっています。枠材は、チークも無垢材で作ってもらったものです。

壁の右側にも引き込み扉のためのポケットが作られています。

工務店の青とは幾度も同じようなディテールの引き込み扉を作ってきましたが、扉が少しでも歪むと、ポケットの枠と擦れてしまうという問題に当たったことがあったので、ポケットの入り口部分と、扉が一番孕みやすい、中央部の横桟にモヘヤを貼ってくれました。

写真では分かりにくいのですが、モナコグレー張りの反対側の壁には、ライムストーンのモカクリームを張って貰っています。ライムストーンと大理石は、化学組成の点では同じものだそうですが、ライムストーンに熱が加わって再結晶したものが大理石と呼ばれるそうです。ただ、色味や触感は大きく違っており、ライムストーンはサラッとした触感で、柔らかく優しい雰囲気があるのに対して、大理石はダイナミックな柄とユニークな色で個性が強く、(磨き方によって大きく違ってきますが)本磨きにした場合は特にツヤがでて華やかな雰囲気になります。
こちら麻布台M邸では、少し暗めのリビングでテレビを壁にかける壁はダークでシックな大理石張り、明るくオープンな雰囲気のダイニングにはライムストーンを使って、空間の様相を変えてみました。

ライムストーンは直角に曲がった壁まで貼ってありますが、それだけではちょっと静かに見えるので、後で絵画や写真を飾れるように、最細のピクチャーレールを天井との接合部に仕込んで貰っています。

リビングダイニングの南北の壁は上記の石張りで、東側は窓となり、西側には玄関とキッチンが並んでいます。この写真の右が玄関ホールで、左側がキッチンです。

キッチンの既存アイランドカウンターを変形させた、壁付けのペニンシュラカウンターの一部が壁から出っ張るデザインとなりますが、そのカウンターを支える壁ができてきました。

ここからは、細かい枠建具枠、異種素材の見切り枠を付けてゆく段階となります。

できてきた建具枠に合わせて作る建具(扉のことです)の採寸のために、建具屋さんも来てくれていました。

この箱から取り出した見慣れぬものは…

収縮式の定規でした!
大工さんや造作家具屋さんは巻き尺で寸法を図るのが一般的ですが、より正確な寸法が必要な建具屋さんは、途中で曲がらないこの特殊な定規を使った方が良いのだそうです。

最後のオマケの一枚は、床を張り替えた洗面所です。玄関と同じシルバーギャラクシーという石種ですが、浴室扉前の床には、床下に置いた漏水センサーをチェックするための点検口が必要なので、400ミリ角の石のコーナーに200ミリ角の孔をあけ、シールでそのサイズの石を固定することにしました。

 

タグ

2016年12月20日 | 大理石とラインストーンの壁張り分け@麻布台M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 麻布台M邸

仕上げの精度を決める下地工事進行中@麻布台M邸

麻布台M邸の工事が進んでいます。

各種の仕上げ素材を張るための下地が完成してきました。実に地味な作業ですが、仕上がり材の寸法と取り付け方法を加味して作る下地の精度が、仕上がりの精度を決めてしまうので、本当に大事な作業なのです。

正面に見えている壁は大理石張り、その右に見ている窓の間の壁はカラーガラス張りとなります。

大理石張りの壁の中に、レザー張りの引き戸建具が引き込まれるので、そのレールが設置されています。天井は塗装仕上げで、パテしごきの作業も進んでいます。

既存の天井仕上げが塗装仕上げだったので、こちらのダイニング付近では、天井の補修塗装もしていました。よく見ないと判らないのですが、左奥の壁も大理石を貼る予定ですが、下地のLGSを壊したくなかったので、LGSの隙間に構造用合板を嵌め込んで壁の厚みを薄くするようにお願いしています。

玄関横のシューズイン・クローゼットの扉が付く壁は、扉と壁を合わせてカラーガラス張りにすることになっています。扉を枠なしで納めたいので、家具用のスライド蝶番を使って納めて貰うことになりました。

こちらは書斎入り口で造作の本棚が取りつく予定の壁です。正面右奥に書斎があるのですが、その扉枠と一体に見せたいので、ディテールの打ち合せをしてきました。

柱型の下の部分だけボードが貼られていませんが、こちらはその右奥でニッチになっている個所に設置する造作家具が、柱型正面にも繋がっているように見せるためのデザイン的な工夫を実施するためなのです。仕上がらないと何とも説明しにくい家具なので、仕上がりを楽しみにしていてください。

玄関ホールからプライベート廊下に入ってすぐに、引き戸で納める洗濯機コーナーを作っています。両引きの引き戸で洗濯機を隠すのですが、そこも目立たないように工夫をしています。手前のニッチには引出付きのカウンター収納家具が入る予定です。

養生で隠されている床をめくると、床の大理石が現れました。丸の内にあるパレスホテル東京と同じ大理石を石屋さんに探してもらったものです。

細かい造作家具や建具の納まりを、工事をお願いしているの田原さんと八木さんと打ち合わせをしている様子です。次からは大理石や造作家具が入って、いよいよ空間の全貌が見えてくることになりそうです。

 

No tags for this post.

2016年12月13日 | 仕上げの精度を決める下地工事進行中@麻布台M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 麻布台M邸

インテリア用小物&植栽でステージングされた一番町A邸

リフォーム後に販売することが決まっている一番町A邸にインテリア用の小物を購入してステージングして参りました。ステージングとは聞き馴れない言葉かもしれませんが、不動産販売時に家具や植栽、小物類を生活のシーンを想像しながらコーディネートして入れることを示す言葉です。

主に青山エリアにあるインテリア・家具ショップを、担当スタッフの前田君と巡って、これはと思ったものを購入してきました。巡ったショップは順不同で、Wooodアクタスフランフランザラ・ホームシボネで、さらに食品系でスーパーの成城石井にも寄ってきました。

一通り小物を設置した後でも、まだ食卓上やトイレ・洗面・浴室が寂しかったので、水回り用の小物類を中目黒にできたニトリで購入して追加いたしました。

植栽については、オーナーのAさまがご自宅に入れている植栽屋さんにお願いしてインテリア植栽を入れて貰いました。

家具、ペンダント照明、そしてインテリア備品が揃ったところで、再度写真を撮影させて頂きました。

植栽と小物が入ったことで、少しこの場所で生活するイメージが膨らむことを実感いたしました。

特に植栽の効能(?)は抜群で、スタイリッシュで少々固めに感じていた空間に柔らかい雰囲気が漂ってきたように感じました。

本当はテレビも置いて、モデルさんに座って貰いたいところですが、さすがにそこまで予算が付きませんでした…。
ここまで徹底したステージングは初めての経験で、大いに楽しむことができました。

タグ

2016年12月01日 | インテリア用小物&植栽でステージングされた一番町A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸

180平米マンションのリノベーション下地工事@麻布台M邸

180平米の広さのマンションのリノベーション工事・麻布台M邸ですが、解体後の下地造作工事が進んでいます。

dsc_3190_pt

天井は照明位置はずらしてゆきますが、ほぼそのままで、壁は全てやり直しでボードを剥がして、LGS下地の状態になっています。床は既存が床暖房の上に、ベニヤ板を張ってその上にフローリングとなっていたので、床暖房パネルを痛めずに、フローリングだけを剥がすことができました。

dsc_3196_pt

高級マンションならではの工事騒音問題が関連して、大工さん一人&電気屋さん一人の少人数体制での工事が進んでいます。

dsc_3198_pt

キッチンと玄関の戸境壁は、収納一か所を除いて撤去して、また新しい壁を立て直しています。建設当初の工事では壁下地はLGS(軽量鉄骨)を使っていましたが、今回のリノベーション工事では、施工の青からの相談で木製下地に変えて工事して貰っています。大きく全面的にやり直す工事ではLGSが早い上に、しっかりしているのですが、細かく部分的に触ってゆく工事では、大工さんだけで工事ができることなどから木製下地の方が却って早く作ることができるとのことでした。

dsc_3199_pt

ちょうどこの木製下地を組んでいる位置の天井を見上げたところです。先回のブログでも話があった通り、キッチンの天井裏にはLD分の隠蔽型エアコンの本体とキッチンの天井カセット式エアコン、さらにはそれらのダクトや配管類が詰まっており、点検口も含めて位置を大きく動かすことができなので、ギリギリの線を狙って設備を移設して貰っています。

dsc_3201_pt

解体時から進めて貰っている、床下のトイレや手洗いの排水管なども、新しく指示した箇所に手直しされていました。

dsc_3207_pt

床下地の位置で一度墨出しをして確認していましたが、新しく床フローリング下地として張ったケイカル板の上にも、家具や壁の位置が墨出しされていたので、それらも設計側で確認いたしました。

dsc_3193_pt

リビングには玄関ホールと、プライベート廊下からと2方向からアプローチできるのですが、こちらは廊下からアプローチする通路に作られるクローゼット収納の一部です。
以下からのブログは、その1週間後の現場の様子です。

dsc_3919_pt

かつて部屋があった部分を縮小し(その分リビングダイニングを広げています)、書斎的に使えるDENを作る予定です。ちょうどこの写真の正面に見えている壁下地がその間仕切り壁となります。

dsc_3915_pt

この壁には、表面に大理石が貼られて、中央には壁掛けテレビが設置されます。壁の左右には壁内部に引き込める引き戸が2枚付く予定となっています。

dsc_3916_pt

斜めからこの壁を見ると、木製下地が二重に作られており、引き戸が入るポケットがあることが判るでしょうか?壁中央にオレンジ色の配管が通っているのが、テレビ線やちょっとずれた位置に設置するアンプなどと接続するためのCD管(後で線を通すことができるカラの配管)です。

dsc_3931_pt

壁に扉を引き込むポケット部分の下地詳細です。

dsc_3922_pt

先ほどのキッチン天井設備の位置も、こちらが希望した位置に変更して貰っています。特に造作家具の上部に来てしまう点検口については、そこからエアコン本体のフィルターの清掃をする必要もあるので、設備屋さんにも作業ができる寸法かを確認して貰った上で、位置を最終決定いたしました。

dsc_3926_pt

プライベート廊下部分は、壁際の収納を撤去して、ギャラリー的に使えるように収納と飾り棚を作る予定です。写真奥に向かって左側に凹んだニッチがその部分になります。

dsc_3929_pt

廊下一番奥の主寝室の扉の位置も移設しているので、既存扉枠を上手く撤去したものを、廊下の曲がり角ちょうどの所に再度設置して貰っています。

r0058544_pt

この日は、造作家具の打ち合せをしたいとのことで、施工をお願いしているの田原さんと八木さん、そして造作家具屋の大沼さん、家具に含まれる間接照明やスイッチなどのことで電気屋さんにも同席して貰って打ち合わせを致しました。

r0058538_pt

こちらが施工側で描いてくれた造作家具の施工図です。キッチンカウンターの厚みや、カウンター甲板の納まり、間接照明の位置などを細かく打合せさせて貰いました。

 

タグ

2016年11月16日 | 180平米マンションのリノベーション下地工事@麻布台M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 麻布台M邸

一番町A邸リノベーション完成 ビフォー&アフター

ここまでリノベーション工事が進んできた千代田区一番町A邸の工事が完了いたしました。デザインアドバイスとしてお手伝いしたプロジェクトでしたので、設計検査ではなく施主検査への同行という形で、検査に立ち会って参りました。

dsc_4118_pt

検査には、お客さまのAさまが来てくださり、工事をお願いしたリフォームキューの森井さん(設計&営業)と富田さん(施工管理)が主体で進めてくれました。

dsc_4135_pt

とはいえ、細かいチェックは、事前に僕らデザイン側で一通り見ていたので、それらのポイントを説明する程度で終わり、あとは家具をどのようにレイアウトするか等のお話に始終してしまいました。

dsc_4204_pt

玄関扉を開けてすぐに見える玄関ホールです。光を取り込む工夫をしているので、以前に比べて明るく開放的になったことをAさまが褒めてくださいました。

dsc_4133_pt

浴室と洗面脱衣の位置交換をして作った、少し変形の浴室です。オーダーユニットバスの東京バススタイルにお願いした浴室の解放感にもとても満足して頂くことができました。
この後は、その後家具を入れて頂いた状態で、ほぼ同じアングルの写真を比較したビフォー&アフターをご紹介いたします。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-01

赤っぽいフローリングと壁面が目立っていたリビングはフローリングをライトグレーのものに交換し、タイルやカラーガラスを使って、凹凸感を強調したデザインとしています。折角の天井高さが活かされていなかったので、照明を仕込んだボックスを折り上げ部分に浮かせることで、天井の高さを強調してみました。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-02

一番変わったのはこのアングルだと思っています。扉で閉じられていたクローズドキッチンの壁を撤去することで、冷蔵庫を家電置き場だけは隠されていますが、それ以外が解放さたオープンキッチンになっています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-05

壁面のガスレンジとシンクがついたキッチンカウンターは、位置をズラしていますが、基本的には同じユニットを再利用しています。ステンレスの天板は磨き直して、扉は全て取り外して塗装し直して、取っ手も少しモダンなものへと変更してみました。以前は冷蔵庫の奥に洗濯機がありましたが、これは洗面に移動しています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-04

柱型が目立っていたリビングのコナーですが、その柱型と窓を絡め取るような木製フレームを廻して、カラーガラス張りのテレビ置き場を新たに作ってみました。下部にはAV機器を収納するボックスも埋め込んでいます。柱型そのものにもカラーガラスとミラーを貼って、存在感を弱めています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-03

玄関からLDは入ってすぐのエリアです。中途半端なサイズのニッチがありましたが、背面の靴収納を作り直すことで、半透明の飾り棚を作りっています。ダイニングテーブルを置く位置に合わせて照明計画も考え直しています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-06

玄関側から見ると、このような違いになっています。何より、閉じるとホールに光が差し込まない構成でしたが、扉を天井いっぱいのスチールサッシとガラスで作ることで、開放感が演出されています。扉が隠されてしまっているので判りにくいのですが、スチールサッシの左横にこじんまりとはしていますが、コート掛けも作っています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-08

キッチン部分に次いで大きく変わったのが、この浴室と洗面でしょう。浴室と洗面脱衣の位置を取り換えることで、浴室は少し小型になりましたが、かつてはシングルボウルだった洗面にダブルボウル+洗濯機置き場を作ることができました。上の写真は、ほぼ同じアングルで撮影された写真であることが判るでしょうか?

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-09

こちらも同じアングルからの写真で、廊下からの扉の位置は全く変えていません。マンションで、洗面と浴室、両方に窓があって外光が入ってくるのも珍しい構成でしたので、それは継続して活かしています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-10

最後はトイレ空間です。といっても、こちらはそれほど変わっていませんね。手洗いボウルが小型で、手首までは洗えないものだったので、カウンター幅を10センチ増やして、大き目のボウルに変えています。また、キッチン背面の壁は、汚れも取りやすく、インテリア性も高いキッチンパネルを貼っています。

タグ

2016年11月04日 | 一番町A邸リノベーション完成 ビフォー&アフター はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸

複雑に絡み合った造作家具と建具と壁

一番町A邸で、担当スタッフの前田君が一番デザイン検討で頑張ってくれたリビングダイニングの造作家具の設置が終盤を迎えています。

dsc_3566_pt

リビング正面に見える壁は、左からクロスパネル張りの壁、スチール製の特注建具、柱型をカバーする羽目板、背面の玄関ホールとを区切る半透明な飾り棚、そして右端へと延びてゆくキッチンカウンターという構成になっています。

r5552782_pt-2

それらの中を、何本かの目地が段違いになりながら通り抜けるようなデザインになっているのです。
キッチンカウンターの下端の線が、飾り棚の甲板と揃って、その下端の線が、柱をカバーする羽目板を通り抜けて、スチールサッシやクロスパネル張りと揃ってゆくというデザインです。

dsc_3556_pt

反対側の玄関ホールから見ると、単純に親子のスチール扉としか見えませんが…dsc_3567_pt

反対側に回り込むと、スチールサッシの枠センターラインとクロスパネル張りのラインが揃ってきます。

dsc_3560_pt

凹んだニッチの個所のディテールは、以前のブログで紹介したもので、そこにLDK関係の照明スイッチが並んでいます。

dsc_3581_pt

そこから細かく段差を付けながら、こちら手前のキッチンカウンターまで目地が繋がっているので、施工する側も相当に大変なようです。

dsc_3607_pt

途中の飾り棚の個所は、四周枠を付けないで、棚板だけが浮いているような意匠としているので、取付け方法も工夫してくれています。

r0058495_pt

縦桟、横桟共に、このような溝を事前に突いておいて、左側に固定されているような雇い実(ヤトイザネ)のような定規に差し込んで固定するという方法です。

r0058499_pt

右奥から縦桟を差し込んでいる様子です。木工用ボンドと見えない個所へ打ち込む隠し釘で固定してゆきます。

dsc_3596_pt

こちらは、20センチほど飛び出ているキッチンカウンター甲板の延長部分の支えを、下から見上げた写真です。その下端のラインが、左側の違い棚の甲板の上端と合っているのが判るでしょうか…。

dsc_3583_pt

他にも、厚み6ミリほどのキッチンパネルを突き付けのように出隅で納めるために、ステンレスの見切りを入れて貰ったり、

dsc_3584_pt

鏡張りの壁のラインと、下がり天井のラインを揃えて、その出隅で2色のクロスを貼り分けて貰ったりと細かく施工して貰っています。

dsc_3558_pt

キッチンカウンターの右奥の方では、窓と絡んだテレビ置き場を作って貰っています。

dsc_3563_pt

まだ組立て途中で判りにくい構成ですが、PSを囲むように木製フレームが回り込んで、その一部が20センチほど出っ張って、そこがテレビ置き場になる算段です。PSの隙間を使ったAV機器収納がその下部に差し込まれる予定です。

dsc_3569_pt

トイレには、天然大理石を使った手洗いカウンターが設置されました。トイレ背面壁は、キッチンパネルをステンレス目地で張り分けています。

dsc_3576_pt

水避けで甲板を立ち上げた上には、木製枠の鏡が入ります。

dsc_3570_pt

ダブルボウルのセンメンカウンターと、背部の洗濯機収納も設置されていました。

dsc_3600_pt

マンションで、窓付きの洗面脱衣室は珍しいと思いますが、ちょうど窓部分をセンターに、左右に手洗いボウルを振り分けています。

r5552782_pt

窓の左右に振り分けたメディスンキャビネットの上部には、トランス付きのLED間接照明を入れています。

dsc_3565_pt

リビングの大きな折り上げ天井には、ブリッジ状の照明ボックスも取りつきました。

dsc_3572_pt

一番奥の主寝室では、床カーペット張りのためのグリッパー取付けも始まっていました。
ここからは造作家具だけでなく、壁や床仕上げ材も一気に張り上げて、施主検査そして竣工へと進んでゆきます。

 

 

 

 

 

タグ

2016年10月18日 | 複雑に絡み合った造作家具と建具と壁 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸