「赤坂J邸」のアーカイブ

赤坂J邸の実測調査

7月にご連絡を頂いて一度リフォームのご相談を受けていた赤坂J邸に、スタッフ一同で実測調査に伺って参りました。

リフォームの実測調査

むき出しのコンクリート天井や窓の交換途中のザックリした壁の表情の空間に、子供たち用のテントが置かれていたり、DIYの家具や高級オーディオセットが並ぶ、不思議な魅力をたたえた空間です。写真は梁の寸法を実測中の笠原君と記帳中の渡辺さんです。

窓が交換途中なのは、まず断熱性能を上げようと、ペアガラスの断熱サッシに交換したそうですが、工事業者が窓サイズを間違えたり、いい加減な工事が多かったため、サッシを交換しただけで、壁との隙間を埋めたり、枠を取り付ける工事はストップしてしまったそうです。

二つのマンションの隔壁に通路を開けて繋げた、130平米の大きなマンションなので、ゲストを招ける大きなリビングダイニグと、家族だけが使うファミリーリビングの二つのリビングがあります。こちらの写真はファミリーリビングです。

こちらが正式なLDですが、子供の遊び場として機能している日当たりのよいベッドや、子供の基地であるテントが置いてあり、僕らが実測している最中も子供たちは色々と場所を変えながらずっと遊んでいました。

こちらは、マンションの管理組合の了解を得たうえで穴をあけたコンクリートの隔壁のディテールです。大胆に削られたコンクリートの力強い表情が、マンションの空間にアクセントを加えていました。

最後は浴室を実測している様子です。歪んだ床や天井、仕上がっていない壁やサッシ枠がふんだんにあるため、何を基準にどのように測れば良いかのを慎重に判断しながら作業したので、スタッフ総勢4人で約二時間半掛かりました。

タグ

2010年09月07日 | 赤坂J邸の実測調査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 赤坂J邸