「南麻布K邸」のアーカイブ

「モダンリビング」のマンションリノベ特集に南麻布K邸が掲載されました

4月7日に発売になった雑誌「モダンリビング no.232」(ハースト婦人画報社)のマンションリノベーション特集「最上級のマンションリノベーション」に、僕らがリノベーションのお手伝いをした南麻布K邸が掲載されました。

紹介タイトルは「LDKの「余白」とダブルキッチンでもてなすための大空間に」とのことで、こちらのお宅の最大の特徴でもある伸びやかなリビングダイニングキッチン空間が見開きで紹介されております。

インテリア専門誌なだけあって、リノベーション前後のプランを見比べて、どこをどのように工夫しているかについても詳しく説明してくれています。ダイニングテーブルの上に飾られた食器・カトラリー・お花等は、全てモダンリビング側がこの空間に合わせてコーディネートしてくれたものです。

大きなキッチンの写真に、浴室+洗面室、その他は小型サイズの写真ですが、リノベーションならではのディテールの工夫なども丁寧に拾いあげてくれています。

今回は、事例特集だけなく、マンションリノベーションの専門家とのことで、マンションならではのリノベーションの疑問に答えるコーナーも担当させて頂いております。質問の内容は、「マンションと戸建て住宅のリノベーションの大きな違いはなんですか?」や「マンションリノベでできないことは?」といった基本的なことから、「ずばり、マンションリノベーションの魅力はなんですか?」、「ラグジュアリー感のあるプランニングのコツは?」といった、モダンリビングらしい答え難いところまで切り込まれております(笑)。

こちらが現在発売中のモダンリビング232号の表紙です。最上級リノベーションに特集されている他の建築家は、香港の高級マンションをリノベーションしたアシハラヒロコさんの事例と、代々木上原のマンションペントハウス(最上階住戸)を自宅用にリノベーションした平本英行さんの事例が紹介されています。なお、モダンリビング編集部の取材時の様子はモダンリビング取材撮影@南麻布K邸にてご紹介しております。

タグ

2017年04月07日 | 「モダンリビング」のマンションリノベ特集に南麻布K邸が掲載されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布K邸

雑誌「モダンリビング」の取材撮影@南麻布K邸

雑誌「モダンリビング」(世界文化社)が、4月7日に発売予定号にて「ラグジュアリー・リノベーション」の特集を組みたいとのことで、南麻布K邸に取材撮影に来てくれました。

以前から、次回にリノベーションの特集号を組み際には、是非事例を提供して欲しいとのご依頼を受けておりましたが、ちょうどこちらの南麻布K邸が、ラグジュアリー・リノベーションというテーマにも合うので、お客さまのご了解の上、取材撮影に伺わせて頂きました。

ダイニングテーブル上のテーブルウェア、お花等は、全てモダンリビングの高坂副編集長のコーディネートです。白い大理石のテーブルと素敵にマッチした透明感のある設えとなっています。

カメラマンは下村さんで、高坂さんと丁寧にアングルを調整しながら、南麻布K邸のインテリアを補完するようなインテリア備品を飾っていってくれました。

テレビボード横のこちらの飾り棚などは、あまりにKさまご一家のプライベートな思い出の小物や写真などが飾られていたので、Kさまのご了解を得たうえで、高坂さんがたちが持ってきてくれた小物で雰囲気を壊さないものと交換して貰っています。

今回は、南麻布K邸の事例紹介だけでなく、特集内特集でもあるリノベーションQ&Aの取材も兼ねていたので、リビング天井の点検口を兼ねた突板のパネル詳細やサッシ枠のディテールなども撮影していってくれました。

キッチン出入り口のこちらのスイッチボードは、交換ができない給湯器や警報関係のプレート類が縦に並んだ箇所ですが、プレートのサイズも色味も違ったものが並んでいるので、このように縦列で整理しましたが、これもリノベーションらしい工夫だと気に入ってくださったようで撮影してくれました。

この主寝室も、特注でデザインさせて頂いたベッドサイドのナイトテーブルを入れての撮影は初めてでしたので、こちらでも撮影させて貰いました。

ウォークスルー・クローゼットから奥のシャワーと洗面への空間の繋がりは、これまで上手く撮影できておりませんでしたが、カメラマンの下村さんを真似たアングルで(一応、了解は貰っております…)撮影してみたところ、きれいに撮れました。
このところ、メディア取材が続いていますが、4月になると一気にそれらの雑誌が発売になりますので、どうぞ楽しみにしていてください。

タグ

2017年03月01日 | 雑誌「モダンリビング」の取材撮影@南麻布K邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布K邸

マンションリノベーションの一年点検と追加家具の搬入・設置

昨年の夏前に竣工お引渡しをした高級マンションリノベーションプロジェクト、南麻布K邸に一年点検で伺ってまいりました。カガミ建築計画の担当スタッフの竹田さんと各務、そして施工をお願いしたの八木さんの三人で伺いました。

DSC_2431_pt

小さなお子様がいらっしゃるのに、いつもとてもきれいに暮らしていらっしゃるTさまのリビングダイニングです。

DSC_2426_pt

久しぶりにお目に掛ったので、雑談をしながら不具合があったカ所を確認しながら、Kさま気が付いていなかった塗装壁のヒビや割れを中心に見て回りました。こちらの壁は浴室横の壁です。写真ではほとんど見えませんが、ボードの継ぎ目に沿って割れ目が見つかりました。

DSC_2410_pt

主寝室のベッド横にはオーダー家具のYPOで特注で作ってもらった、サイドテーブルが置いてありました。こちらは竣工後に最適なサイズのサイドボードがないのでデザインして欲しいとのご依頼で作ったものですが、きちんと撮影していなかったので、写真に撮らせていただきました。

DSC_2405_pt

こちらはご主人さまの書斎です。竣工時の写真では、コンピューターも本も置かれていない無人の状態でしたので、実際に使われている様子を撮影させて頂きました。

雑談しながら、撮影しながら、一通り見て回った結果を竹田さんが図面に書き込んでくれた一年点検のチェックリストです。塗装の割れやヒビがほとんどで、後は建具の軽い歪みや巾木の割れなどで、大きな不具合はないとのことでした。9月以降に補修工事をしたいとの青の希望をお伝えして、管理人さんに補修工事を申請したうえで、補修してゆく段取りをご説明させて頂きました。

DSC_2401_pt

一年点検で伺うついでと言っては何ですが、リビングのソファ(ミノッティのWHITE)のサイズが小さめだったので、追加のソファを約半年前にお願いしていたものの搬入組み立ても、同じ日に予定させていただきました。

DSC_2422_pt

ミノッティで僕らの担当をしてくれている早坂さん自らが組み立てをしてくれました。写真は、横同志のソファを連結する金物を取り付けている様子です。最初からワンセットで組む場合は、工場でこの金物も取りつけて現場に来ますが、少しでもズレていると、後々不具合が生じる可能性もあるとのことで、厳密に既存ソファの金具の位置を測量してから、取り付けてくれました。

DSC_2433_pt

80センチの特注サイズのソファを間に組み込んだことで、ワンサイズ大きさがアップしたソファです。あわせて、既存のクッション全体が少しダレていたので、早坂さんに空気を入れてもらい、ふっくらと膨らませて貰いました。

タグ

2016年08月10日 | マンションリノベーションの一年点検と追加家具の搬入・設置 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布K邸

「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」発売!

僕らのこれまでのマンションリフォーム&リノベーションの実績を纏めた書籍「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」(エクスナレッジ社)が8月3日から発売になっております。

表紙

全頁カラー印刷で、とにかく写真が豊富なリノベーション事例集となっています。
因みに、表紙は千代田区一番町Y邸のリビングの写真です。

リビングダイニング-7

大きな写真(ほぼ全て自分で撮影した写真ばかりです)に簡単な説明文、そしてリノベーションのポイントなっている図面(平面やディテール)、そして写真に写っている仕上げ材や家具、備品等のリストまで掲載しておりますので、リフォーム・改築だけでなく、インテリアの本としても、参考にできるのではと思っております。こちらは六本木N邸のリビングです。

リビングダイニング-12

ブログでは掲載しておりますが、カガミ・デザインリフォームのHPにはまだ未掲載のプロジェクトも、こちらの本では惜しみなく紹介しております。こちらは中央区のサービス付き高齢者向けアパートメントS邸のリビング事例です。

キッチン-6

リビング・ダイニング、キッチン、玄関、廊下、寝室、その他諸室と項目分けして、それぞれに特徴のある事例を掲載するスタイルの本となっています。キッチンでは、この写真の南麻布K邸のような、超大型キッチンから、よりコンパクトなキッチンまで幅広く紹介しております。

水廻り-12

トイレでもバリエーションある事例をなるべく多く掲載するようにしております。

建具

全てが事例紹介の写真だけでは、退屈になるので、建具や家具、照明計画等のコラムやビフォー&アフターを比較できるページも設けています。

-Before&After-4

読者対象として、高級マンションのリフォーム&リノベーションを検討していらっしゃる方、ハイエンド・インテリアに興味がある方、これから高級リフォームに取り組みたいと考えている若手建築家、家具やファブリック類の実例を色々と見てみたいインテリア・コーディネーターの方々などと想定して、僕らのこれまでの取り組みを紹介する本となっています。
一般本屋でもインターネットでも、税込2,592円で絶賛発売中ですので、是非本屋で手に取ってみてください!出版に関連して、セミナーやサイン会(誰がサインを欲しいのか疑問ですが…)の企画も考えておりますので、その節には是非ご参加頂ければ幸いです。

 

 

 

タグ

高級マンションリノベーションのビフォー&アフター@南麻布K邸

200平米越えの超高級マンションを全面リノベーションした南麻布K邸。お引渡し前後にようやく写真撮影ができたので、リノベーションの前後を比べるビフォー&アフター形式で、デザインのポイントを説明いたします。

南麻布T邸_B&A-02

まずはリビングダイニング空間です。上がリノベーション前で、下がリノベーション後です。工事前の空間でも、きれいな無垢チークのフローリングがふんだんに使われ、同じチークで合わせた木製ブラインド、レザー張りの建具と高級感は十分に感じる空間でした。ただ、床壁天井のデザインは、部屋のどこでもほぼ一緒で、照明も全体を明るく照らすだけのユニバーサルな空間(どのような用途にも使えるフレキシブルな空間)でした。
リノベーションで、間取り的にはキッチンを隠していた壁を取り去って、キッチンをオープンに変えています。空間的には、天井のデザインをダイニング空間(窓際)は白いカラーガラス張りにして、リビング部分はエアコンの点検口が多数あったものを隠す木製パネル張りに変更して、リビングエリアとダイニングエリアを明確に分けました。部屋の奥のニッチにも造作家具を作って、隣の柱形部分も含めて大きな家具のように見せるデザインとしています。家具類も、レザーにファブリック、大理石にアンティーク調の木と手触り感を変えながら、多様な過ごし方ができるように工夫してみました。

南麻布T邸_B&A-05

次はキッチン空間です。元のキッチンは、洗濯機のあるユーティリティーの奥にありました。大きな窓に面した明るいキッチンでしたが、広さの割には収納も作業用のカウンタ―スペースも不足気味でした。リノベーション後のキッチンは、部屋一つ分奥まで拡張して、アイランドカウンターとペニンシュラ(半島型)カウンターを設けています。従来は黒と白のカウンターでしたが、新しいキッチンでは、ガスレンジ周りはステンレスカウンター、シンク周りとアイランドは撥水加工を施した大理石、調理機器を置く予定のペニンシュラ部分は陶器カウンターとしています。吊り戸棚が少ないのは、前後ともに同じですが、トール収納(下から上まで続くカウンターがない収納)を増やし、収納量を確保しています。

南麻布T邸_B&A-12

キッチンからLD方向を見返したB&Aの比較写真です。小さなお子さま(5歳)がいらっしゃるお宅ですので、子供の様子を見ながら調理をするには、オープンキッチンが望ましいので、このような解放感を持ったキッチンになりました。リビングダイニングと空間的に繋がっているので、扉のデザインもリビングから順に木製框扉から木製フラッシュ扉(装飾のない扉)、そして機能的な塗装扉へと、奥に行くにしたがって機能性を重視したデザインとしています。

南麻布T邸_B&A-14

こちらは主寝室のB&Aです。サイズはほとんど変わっていませんが、天井高さは20センチほど上げることができました。塗装仕上げで取っ掛かりがないツルンとしてベッド背面の壁は、パネル状にデザインして陰影をつけてみました。全般的に明るさを確保するだけだった照明も、ベッドサイドにガラス製の小型シャンデリアを吊るし、編んだレザー製のベッドの質感を強調しています。2枚の引き戸の奥にはウォークスルー型のクローゼットが続ています。

南麻布T邸_B&A-08

ウォークイン・クローゼットとウォークスルー・クローゼットのB&Aです。リノベーション前のクローゼットは単純にハンガーバーと枕棚(バーの上の板状の棚)だけのシンプル(つまらない)デザインでした。リノベーション後のクローゼットは、収納部分を木製の造作家具で作り、収納するものに合わせて、ハンガーバーや引き出し、扉付き収納や可動棚などに変えて、使い勝手が想像できるような作りにしています。照明も、クローゼットに掛った洋服をきれいに見せるアングルで照らすことができるようにしています。

南麻布T邸_B&A-10

リフォーム前はファミリールームだった空間(竣工時から前のオーナーが一度前面リフォームしていました)を、一部をキッチンに、奥にあった空間をご主人用の書斎へと間取り変更しています。一人用の書斎ですが、背面収納は機能性だけでなく、小物を飾れるように間接照明やレザー張りの棚板などを設けています。書斎テーブルも特注品で、コンピューターの本体が完全に隠れるようなデザインとしています。

南麻布T邸_B&A-07

パブリック空間とプライベート空間を繋げると同時に、区分けしている廊下もデザインを大きく変えています。元々は床仕上げも壁・天井仕上げもリビングと同じものでしたが、リノベーション後は床材のセンターを大理石張りとしています。壁もウォールナット羽目板に壁付けのブラケット照明で、少し暗めのシックな空間に変えています。ここを通ることで心理的に気分転換できることを考えています。また、南北に長い空間の分節点にあたるので、片側にベンチを設け一休みできるようにしました。

南麻布T邸_B&A-13

今回ご紹介する最後のB&Aは玄関です。共用部の内廊下と同じようなデザインで、どこから室内に入ったのかが実感しにくい空間だったので、3種類の大理石に鉄製フレームで囲った造作家具などを配置して特別感を演出しています。円形の特殊照明や間接照明、まぶしさを感じにくいグレアレス照明と3種類の照明器具を使って、それぞれの要素を演出しています。

 

タグ

2016年01月14日 | 高級マンションリノベーションのビフォー&アフター@南麻布K邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布K邸

ついに竣工お引渡しの南麻布K邸リノベーション計画!

リノベーション工事が一通り終わった南麻布K邸では、翌日のお引渡しに向けて最終調整や家具搬入組み立てが続いています。

DSC_4540_pt

照明のシューティング(照明を照らす位置の調整)やテレビ・オーディオシステムの最終調整、さらにはミノッティのソファーの組立ても同時に行われています。

DSC_4543_pt

ミノッティのソファーはホワイトというシリーズで、ソファーと一体になったサイドテーブルが特徴の大型ソファーで、L字の構成となっています。

DSC_4546_pt

ソファは男性4人で組み立ててゆきます。横ではすでにモルテーニのダイニングチェアが搬入され、食卓上にはバロビエール&トーゾのシャンデリア照明が組み立てられていました。

R0052796_pt

B&Bイタリアにお願いしていたラウンジチェアーのハスクは、二通りのクッションファブリックをお願いしていたので、予備のカバーリングにもクッションを詰めて貰っています。

DSC_4920_pt

マナトレーディングにお願いしたカーテンも吊り込まれました。新しく搬入したカーテンには、どうしても折り畳み皺が入ってしまうので、用意して貰ったスチーマーでシワ取りもして貰いました。

R0052907_pt

マナトレーディングの松ケ下さんが、シワ取り作業を頑張ってくれている様子です。

R0052792_pt

家具や備品の搬入取付作業の間に、僕ら設計と青の施工側で未施工部分ややり直しが必要な部分をチェックする、設計検査も行いました。本来であれば、設計検査をした後に、その内容に沿って補修工事を行った上でお引き渡しをするのですが、今回は変則スケジュールなので、チェックシートをご説明したうえで一度お引渡しをして、しばらく使って頂いた後で、補修工事をすることになっています。

DSC_4761_pt

そしてお引渡しの当日、Kさまご夫妻が現地に来てくださいました。右から、青の斉藤さん、現場担当の青・八木君、青・片岡社長、Kさまご夫妻に、カガミ建築計画の担当・竹田さんに僕、各務です。

DSC_4743_pt

竣工検査は先ほどのチェックシートに沿って一通り説明する程度で軽く終え、その後は怒涛の取扱い説明です。電気・照明の取説はムラデンの社長さんです。

R0052823_pt

キッチンはアムスタイルの宮本さんです。奥さまと宮本さんと僕らで、一体幾度の打ち合せを重ねたのか、思い出せないほど濃密な作りのキッチンに仕上がりました。

DSC_4754_pt

アイフォンとテレビを前に、ご夫妻でバング&オルフセン六本木店の村瀬さんの説明を聞いてくださっています。

R0052821_pt

テレビ・オーディオシステム、カーテンの開閉と照明の調光、全てがアイフォンとアイパッドでできるシステムとなっているのですが、使い方は簡単なので、Tさまご夫妻であれば、すぐに使いこなせてくださいそうです。

DSC_4746_pt

オーダーユニットバスの東京バススタイルの真柄社長と担当の和久田さんも説明をしてくれました。

DSC_4868_pt-2

お父さんお母さんが取扱い説明で謀殺されている間も、ご子息のJ君はようやく自分のものになったエンジェルシェアの二段ベッドで遊んでくれていました。

DSC_4919_pt

部屋の腰壁に作ったマグネット付きのホワイトボードでも、当日来てくれた人たちの似顔絵を沢山書いてくれました。

R0052827_pt

一通りの説明が終わったところで、お引渡しの書類に記名捺印して頂きました。最初にリフォームのご相談があったのが2014年の夏でしたから、約15ヶ月掛かってリノベーション計画が完了したことになります…。

DSC_4585_pt

一通りの手続きが終わって、Kさまご一家が仮住まいに戻られた後に、少しお時間を頂いて竣工写真を撮影させて頂きました。

DSC_4565_pt

見どころがふんだんにあるリノベーション・インテリア計画ですので、写真も何枚撮影したか判らないほどシャッターを夢中で切りました。

DSC_4593_pt

キッチンを使い始めてからは撮影できないアングルで、キッチン全容を捉えた写真です。

R5538222_pt-2

お引渡し翌日にお引っ越し作業を始めたT家に、補修の為に青の片岡さんたちと職人さんたちと再び訪問させて頂きました。

R5538243_pt

お引渡し時は、まだ人の家にお呼ばれされたお客さまのようだったJ君、一日ですっかりこのお宅を自分の家と感じるようになってくれたようで、僕らを案内してくれました。
まだ、日本に届いていない家具や、取付が完了できていない設備、補修が必要な箇所などがありますので、これからもちょくちょくおっ邪魔することになると思いますが、本当にここまでの長い道のりを辛抱強く付き合ってくださったKさまご夫妻、どうもありがとうございました!そしてこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

タグ

2015年12月27日 | ついに竣工お引渡しの南麻布K邸リノベーション計画! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布K邸