「高輪P邸」のアーカイブ

高輪の高層マンションプロジェクト-2

昨日紹介した事例の相方(?)、同じ高輪エリアですぐ横に立つ高層マンションのリフォーム事例です。昨日のプロジェクトはリフォーム後に賃貸に出す予定ですが、こちらは販売することになっているそうです。

DSC_1041_pt

こちらは不思議な間取りで、玄関から斜めの廊下があって、そこから3方向に部屋が展開する構成となっていました。間取り図を見ながらお宅に入っても、自分がどこにいるのか迷子になってしまいそうな空間でした。130平米の広さが活かされていない間取りでした。

Exif_JPEG_PICTURE

そこで第一に手を付けたのが、その玄関からつながる廊下ホールでした。他の廊下と、この空間の違いを明確にするために、壁と天井、さらには造作家具の扉材あでダークトーンのグレーに張り替えました。暗めのトンネルから、明るい各部屋へと抜けてゆくイメージです。

DSC_1044_pt

眺望という大きな魅力があるリビングにはあまり手を加えていません。ただ、写真の窓際は、以前はテレビ置き場だったようですが、こちらに腰を掛けると斜めに富士山が見えたので、窓際の眺望ベンチ仕立てとしてみました。ウィンドウトリートメントも他の窓のブラインドと種類を変えて、窓枠内に収まるハンターダグラスのシルエットシェードとして、シャープに演出しています。

Exif_JPEG_PICTURE

眺望のバックグランドとなる背面壁は、従前が壁のガタガタが目立っていたので、濃いベージュ色の壁紙とダイノックシートを使って、一枚の大きな面として見せてみました。
こちらは完成と同時に、不動産仲介会社主催の販売用オープンハウスを開催したところ、購入希望者が見つかり審査もすでに始まっているそうです。ほぼ同じ間取りの部屋が違う階でもは販売されているようで、購入希望者の方は、二つを見比べてこちらを選んでくださったそうです!

タグ

2015年03月06日 | 高輪の高層マンションプロジェクト-2 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 高輪P邸