「戸建住宅リフォーム」のアーカイブ

子どもパスタ会@田園調布F邸

リフォームのテレビ番組出演にご協力くださった田園調布F邸の ご家族皆さまにお礼をするために、設計側で感謝のパスタパーティーを企画いたしました。

131110kodomo_pasuta-1

スタッフの岸本さんのお姉さんでイタリアンのシェフ・岸本恵理子さんこと、えりチン先生に子供たちも楽しめる、手打ちパスタを皆で作るレシピを考えて貰いました。うちの事務所からは、岸本さんと竹田さんに手伝いで参加して貰っています。

131110kodomo_pasuta-2

Uちゃん、Hちゃん、S君、ついでに連れて行ったうちの娘の4人がトロッフィ エとキタッラの2種類のパスタを頑張って作ってくれました。まずはパスタの生地作りからで、上の子供二人はエプロンまで用意して待っていてくれました!

131110kodomo_pasuta-3

2種類のパスタ生地を休ませている間のソースの準備も、F家の皆様総出で手伝ってくれています。

131110kodomo_pasuta-4

珍しい作り方の料理なので、僕らも仕事(?)を忘れて、興味シンシンに覗いています。F家のキッチンは、広々としており、オープンなカウンターとレンジ前がガラス張りで覗けること、また、冷蔵庫側を通り抜けることができる作りなので、このような料理教室には最適なキッチンです。

131110kodomo_pasuta-10

リグーリア州名物の手捻りパスタのトロッフィエを皆で作っている様子です。

131110kodomo_pasuta-6

最初は慣れずにゆっくり作っていましたが、徐々にコツも判って、段々と大胆に太いサツマイモ型や、丸いドーナッツ型まで遊んで作ってくれました。

131110kodomo_pasuta-7

竹田さんが持って来てくれたパスタマシーンを使って、2種類目のパスタにチャレンジしているUちゃんとHちゃんです。最初は大人の手伝いでしたが、最後は二人だけでも伸ばすことができるようになっていました。

131110kodomo_pasuta-8

左がキタッラの貧乏人ソース(ゆで卵の調理も、子どもたちに手伝ってもらいました)と3種類の貝(ムール貝とハマグリとツブ貝)とネギのトロッフィエです。子供たちは、作った分だけ美味しかったのか、沢山食べてくれました。

131110kodomo_pasuta-9

デザートの洋ナシのパンナコッタも子供たちが手伝ってくれました。二人ともお手伝いがすっかり板について、えりチン先生の両腕として活躍してくれました。料理して、お手伝いして、遊んで、食べての大賑わいのパーティー、子どもたちにも大いに楽しん でもらえたようで、とても嬉しく楽しいひと時でした!
Fさま、Mさま、どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。

タグ

2013年11月10日 | 子どもパスタ会@田園調布F邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 戸建住宅リフォーム 田園調布F邸

「辰巳琢郎の家物語 リモデル☆きらり」の収録@田園調布F邸

昨年3月にお引渡しをした、戸建住宅スケルトンリフォームの田園調布F邸が、BS朝日のテレビ番組「辰巳琢郎の家物語 リモデル☆きらり」に取り上げて貰うことになり、その撮影が行われました。

130718TVsatuei_Ftei-1

撮影は午前中からプロダクション会社のジェネシスの撮影クルーが入り、共同設計者のイン・ハウス建築計画の中西ヒロツグさんと僕は、お昼前位に現場に伺わせて頂きました。着いた際には、既にテレビカメラが幾台か設置されており、F家の子供たちも興味深そうにのぞかせて貰っていました。子供たちの後ろに立っているのが、今回の撮影の実質的主導者の藤井ディレクターです。

事前の下見での内容に沿って、ある程度撮影のシナリオが作られています。ただ、実際には、辰巳さんは現場での実際に体験しての感想や、お施主さまとのやり取りの中で生まれるアドリブの方を重視するそうで、このシナリオに沿った展開になることはほとんどないそうです…。
そうこうしているうちに、玄関のベルが鳴って、辰巳さんが来てしまいました。事前にお宅に来て挨拶をするのではなく、カメラが回り始めてから、F邸の玄関先に来て玄関ベルを押したところから、ぶっつけ本番で始まるのです。僕らは後半にしか登場しないので、あわてて二階の撮影に使われない部屋で待機中することになりました。

130718TVsatuei_Ftei-3

1階部分ほぼ全てを撮影したところで、休憩に入りました。ようやく、僕ら設計陣は辰巳さんとご挨拶をすることができました。それまでは、どのようなことをFさまと辰巳さんが話しているのか判っていませんが、設計時に作った模型があるので、それでリフォームの内容を改めて中西さんが説明しているところです。中西さんは、この番組の前身であるテレビ番組に2度出演したことがあるので、辰巳さんとも顔見知りだそうで、こちらも心強い限りです。辰巳さんは、ご自身もリフォーム(この番組では、リモデルで共通させていてるそうです)にとても強い興味があるそうで、撮影には関係のない細かい事まで質問され、こちらもタジタジでした。テーブルで辰巳さんの右側に座っている女性が、番組にご紹介下さったアシスタント・プロデシューサーの永井さんです。

130718TVsatuei_Ftei-4

撮影にはヘアメイクとスタイリストの方も同席してくれているので、休憩時間に子供たちはすっかり仲良くなって、ちゃっかり(?)ヘアメイクをして貰っていました!

130718TVsatuei_Ftei-5

2階の撮影をしている間は、今度は僕らは1階で待機でした。2階の最後には、写真のような吹抜けを見下ろすシーンの撮影があり、僕も一緒に撮影させて貰いました。

130718TVsatuei_Ftei-6

撮影の最後には、僕ら設計がお施主さまご家族と一緒に立ち会って、お話をするシーンがあります。その準備中の様子です。カメラを構えたアシスタントの近藤さんが映したシーンを、足元のモニターで見て喜んでいるUちゃんとHちゃんとS君です。左に立っているのが、プロデューサーの田中さんです。

130718TVsatuei_Ftei-7

最後のシーンを取り終わった後の記念撮影です。興奮しすぎて、朝の5時から起きていた子供たちは、最後はちょっとお疲れモードでしたが、何とか無事撮影を終えることができたようです。
辰巳琢郎さんは、テレビのイメージ通りのとても穏やかで知的な方で、最初にご挨拶した時から、子どもたちも含めて名前を憶えてくださり、とても楽しくお話をすることができました。

130718TVsatuei_Ftei-8

撮影後には、甘える子供たちの相手もしてくださり、皆それぞれが抱っこして貰ったり、遊んで貰ったりしていました。子供たちにも記憶に残る楽しい一日になったのではないでしょうか?

130718TVsatuei_Ftei-12

全ての収録が終わって、辰巳さんが着替えた後に玄関先でF家の皆さんとの記念撮影です。撮影中、ずっと機知に富んだ会話で盛り上げて下った辰巳さん、どうもありがとうございます。ジェネシスの撮影クルーの皆さん、どうもお疲れ様でした。何より、前日からのお片付け、そしてお子様たちの相手をしながらの撮影をこなしてくださったFさま、M子さま、本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました!
なお、放映はBS朝日で8月10日(土)の予定です。予定では5時から5時半の放映となっていますが、他のプログラムとの関係で、時間がずれることもあるそうですので、「辰巳琢郎の家物語 リモデル☆きらり」のホームページでご確認ください。どうぞお楽しみに!

タグ

2013年07月15日 | 「辰巳琢郎の家物語 リモデル☆きらり」の収録@田園調布F邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース 戸建住宅リフォーム 田園調布F邸

第29回住まいのリフォームコンクール(H24年度)授賞式

昨年度(実際は震災の影響で授賞式は今年2月でしたが…)も受賞させて頂いた、住宅リフォーム・紛争処理支援センター主催の「第29回住まいのリフォームコンクール(H24年度)」にて優秀賞を受賞させて頂いたので、授賞式に出席して参りました。

第29回住まいのリフォームコンクール授賞式

対象作の田園調布F邸のお施主様のFさま、共同設計者の中西ヒロツグさん、そして施工の参創ハウテックの小園さんと一緒に表彰状を受け取って参りました。

田園調布F邸リフォーム リフォームコンクール優秀賞受賞

こちらがコンクールに応募した田園調布F邸のレイアウトシートです。

 

リフォームコンクール記念写真

受賞後の記念写真です。左から中西ヒロツグさん、参創ハウテックの小園さん、中西さんの旧スタッフ川野君、そして私、各務です。お施主様のFさまは、残念ながらお仕事の都合で受賞後すぐに帰られてしまいました。Fさま、授賞式へのご参加、どうもありがとうございました。

マンションリフォームマネジャー奨励賞受賞

今回は作品としての優秀賞の他に、マンションリフォームマネジャーとしての奨励賞も受賞させて頂きました。

リフォームコンクール審査委員長の上杉啓先生との記念写真

受賞式の後は、かつて東洋大学の授業で教授と非常勤講師としてご一緒させて頂いていた、コンクールの審査委員長・上杉啓先生と一緒に記念写真を撮らせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

タグ

2012年10月18日 | 第29回住まいのリフォームコンクール(H24年度)授賞式 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース 戸建住宅リフォーム 田園調布F邸

田園調布F邸が住まいのリフォームコンクール優秀賞を受賞!

戸建木造住宅スケルトンリフォーム・田園調布F邸が、昨年に続き住まいのリフォームコンクール(公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター主催)にて優秀賞を受賞いたしました!

田園調布F邸 リフォームコンクールにて優秀賞受賞

昨年はマンションリフォームプロジェクト2件でしたが、今年はリフォームの匠・中西ヒロツグさんと共同設計で臨んだ在来木造住宅リフォームでの受賞となり、喜びもひとしおです。

住まいのリフォームコンクール優秀賞受賞

僕らにとってはリフォームでは初めての共同設計で、中西さんたちからは本当に沢山の事を勉強させて貰うことができました。

リフォームコンクール応募用紙 補足資料

特に構造の耐震診断と補強、そして断熱の考え方は、マンションとは大きく違い、とてもやりがいのあるプロジェクトでした。

マンションリフォームマネジャー奨励賞受賞

また、昨年はこちらの手続き間違いで頂くことができなかった、マンションリフォームマネジャー奨励賞を頂けることになったのも、おまけではありますが、嬉しいことです。
最大限にご協力くださったFさまご夫妻、そして中西さん、おめでとうございます!そしてありがとうございます。

因みに、以下がこれまで住まいのリフォームコンクールで受賞してきたプロジェクトです。

高輪I邸 

2011年度の(財)住まいの住宅リフォーム・紛争処理支援センター理事長賞の高輪I邸

目黒S邸

2011年度の優秀賞の目黒S邸

2006年度の優秀賞の高輪S茶室

 

タグ

2012年09月18日 | 田園調布F邸が住まいのリフォームコンクール優秀賞を受賞! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース 戸建住宅リフォーム 田園調布F邸

竣工慰労パーティー@田園調布F邸

リフォーム工事の竣工お引渡しから2か月半経った田園調布F邸のFさまご夫妻から竣工慰労パーティーにお招きいただきました。

竣工慰労パーティ@田園調布F邸

施工の参創ハウテックの現場監督の小園さんとオーダーキッチン・リブコンテツの田原さんは参加できませんでしたが、共同設計者のイン・ハウス建築計画の中西ヒロツグさんと担当の川野君、大工の棟梁の高橋さん、カガミ建築計画からは私、各務と妻と娘まで参加させて頂きました。

オープンキッチンから次々と出てくるお心尽くしの美味しい食事を頂きながら、Uちゃん、Hちゃん、S君に歓待して貰いながら、立ったり座ったり、二階に行ったり、キッチンをグルりと回ったりと、本当に楽しく賑やかなひと時でした。

竣工パーティー食事メニュー

こちらがご用意くださった料理の数々です。既に食べ始めてしまっていますが、ソフトとハードタイプの皮を用意して下ったタコスに、魚介と夏みかんのサラダ、お庭で採れるタイムをまぶしたビーフステーキ、台からお手製の生ハム入りピザ、クリームチーズをスモークサーモンで巻いたものと茹でたスナップエンドウのカナッペ、そして二種類のシャンパンにビールにソフトドリンク、最後の食後の完熟メロンまで本当に美味しい料理ばかりで、帰るころにはすっかりお腹がパンパンでした。

食事をしている横では、川野君が子供たち相手に折り紙やボール紙を使った細工をしてくれて、それを大人に店に来てくれる子供たちで、静かな環境で音楽もないのですが、賑やかな笑い声がずっと家中をコダマしていました。

竣工記念写真@田園調布F邸

手前中央が大工棟梁の高橋さんで、左で長男のS君を抱いているのがご主人のFさま、右が奥さまのMさま、後列右後ろが中西ヒロツグさんんで、中央で娘を抱いた各務と横に妻の記念撮影です。長女のUちゃんと次女のHちゃん、川野君は二階で遊んでいる最中で幾ら声を掛けても降りてこないので、諦めて撮影しました。
Fさまご夫妻、改めてのリフォーム工事完成おめでとうございます。そして思い出に残る楽しい慰労会へのご招待、どうもありがとうございました!

タグ

2012年06月12日 | 竣工慰労パーティー@田園調布F邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 戸建住宅リフォーム 田園調布F邸

最終増減見積りのご説明@田園調布F邸

約一ヶ月前にお引渡しを済ませた田園調布F邸に、工事費の最終的な増減を纏めたリストを持って、共同設計者のイン・ハウス建築計画の中西ヒロツグさんとスタッフの川野君と一緒にご説明に伺って参りました。

工事費増減の最終説明

解体の途中で判明したシロアリの被害や、その後の仕上げ変更等で発生した増減については、その都度ご説明していましたが、お引渡し+引っ越しが迫った外構部分の増減については、きちんとご説明が出来ていない部分もあったので、それを中心にお話を致しました。

引っ越しの最中に伺って以来でしたので、家具が置かれ、生活が始まった空間を拝見したのは初めてです。キッチン上部と吹き抜け部分に設けた間接照明は、お昼でもちょっと暗い日には点灯しているそうで、空間がのびやかに感じられました。

子どものプレイエリア

1階の奥にある子供のプレイエリアです。チェリーの床材と窓の外の楓の新緑がきれいに映えていました。幼稚園に通っている上の二人のお嬢さま、UちゃんとHちゃんたちのお着替えが置かれているだけで、まだ本格的には使われていないようでした。

お嬢様の可愛らしいピンクの寝室

こちらは2階の女の子たちの寝室です。ピンクの壁紙と現しになった梁、そして可愛らしいベッドやテントが本当に上手くマッチしていて、女の子であれば、だれでもが喜んでしまうようなインテリアに仕上がっていました。

ご長男のS君は、まだ2歳なのでこちらの部屋は古い家具が置かれた、洒落たアトリエ/休憩室のようなしつらえになっています。

子供たちはすっかり建物に慣れて、僕らを秘密の隠れ場所へと案内してくれました。こちらの子供用扉のように見えるのは、階段下の収納の玄関側からの取出し口です。スキー板や海の遊び道具などを、玄関から収納へ直接入れることが出来るように作った小扉が、このような形で活躍してくれているのも嬉しいものです。午前中1時間ほどだけ伺う予定だったのが、すっかりリラックスして、ランチまでご馳走になってしまいました。Fさまどうもありがとうございました!

タグ

2012年05月02日 | 最終増減見積りのご説明@田園調布F邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 戸建住宅リフォーム 田園調布F邸